ミオキャットフードの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介していきます。ミオキャットフードは、コンボキャットフード、ビューティープロを販売している日本ペットフードが手がけるキャットフードブランドです。今回は、ミオキャットフードの栄養バランスなどを確認して猫の健康維持に役立つキャットフードなのかを総合的に評価していきます。

ミオキャットフードの特徴

ミオキャットフード
ミオキャットフードは、スーパーやホームセンター、バラエティショップなどでも販売されているキャットフードで一度は手に取ったことがある方も多いと思います。ドライミックスキャットフードと毛玉ケア専用のキャットフードの2種類が販売されています。ミオキャットフードの商品ラインナップは下記の通りです。

  • ミオドライミックスかつお味、まぐろ味、お肉とお魚ミックス味
  • ミオドライミックス 肥満が気になる猫用かつお味
  • ミオドライミックス 毛玉対応かつお味、11歳以上かつお味
  • ミオ おいしくって毛玉対応かつお味、まぐろ味、ミックス味、フィッシュミックス味
  • ミオ おとなのおいしくって毛玉対応ミックス味、フィッシュミックス味

今回は、Amazonショッピングでもレビュー数が多いミオ おとなのおいしくって毛玉対応ミックス味の栄養成分や原材料を確認してキャットフードを独自評価していきます。Amazonや楽天市場で購入できるミオキャットフードは下記リンクから移動できます。

ミオキャットフードの栄養成分

ミオキャットフードの栄養性成分は下記の通りです。成猫用なのでタンパク質と脂質がかなり抑えめになっている点が気になりますね。成猫用でもタンパク質が30%前後で脂質が12%前後あると標準的なキャットフードと同じ数値になります。タンパク質と脂質の量が少ない分、食が細い傾向にある猫ちゃんには適していないと言えます。また、健康的なシニア猫だったら食が細いので少しの量でもタンパク質が摂取できる高タンパク質適正脂質のキャットフードを選んだほうが良いと言えます。

  成猫用総合栄養食のキャットフードですが、筆者は個人的にタンパク質の比率が物足りなく感じてしまいます。
タンパク質 25.0%以上
脂質 8.5%以上
粗繊維 4.5%以下
灰分 9.0%以下
カルシウム 0.8%以上
マグネシウム 0.11%
水分 10.0%以下
エネルギー 350Kcal/100g

ミオキャットフードの原材料

ミオキャットフードは、量販店で販売されている国産キャットフード同様、穀類中心のキャットフードです。肉類もミールと粉末がメインになっている点で動物性食材の吸収率に黄色信号がともってしまいます。また、pH調整剤や着色料がふんだんに使用されている点もマイナスポイントです。筆者は猫にとって必要ない着色料が含まれているキャットフードは個人的に好みません。人間の食事でもそうですが、人工的に食欲がでるように加工した食事は避けられる傾向にありますよね。猫ちゃんも一緒です。

  ミオキャットフードで使用されている原材料は決して良いとは言えません。たしかに2.7Kgで600円台で購入できるキャットフードは魅力的です。しかし、ここまで安いキャットフードを与え続けるのは少し心配です。飼い主さんのお財布事情と相談した上でキャットフードの購入を検討しましょう。

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉)、肉類(チキンミール、牛肉粉、豚肉粉)、油脂類(動物性油脂、植物性油脂、γ-リノレン酸)、魚介類(フィッシュパウダー(カツオブシ粉含む)、小魚粉末)、オリゴ糖、コエンザイムQ10、クランベリーパウダー、酵母細胞壁(食物繊維源)、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、銅、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、メチオニン)、pH調整剤、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、ニコチン酸、パントテン酸、葉酸、コリン)、着色料(食用赤色102号、食用黄色5号、食用青色1号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、グルコサミン、コンドロイチン

ミオキャットフードの口コミ評判

ミオキャットフードで多い口コミ評判は下記の3点に尽きます。

  • 食いつきがとても良くて全ての猫ちゃんが美味しく食べてくれる。小粒なのでよく食べてくれる
  • 値段が安くてとても良い。ホームセンターで買うよりもネット通販の方が安く買えるのでとても重宝している、年々値段が上がっていくのでセールの時にまとめ買いしている
  • 全く食べない。ドラッグストアに売っているカリカリをあげるとよく食べてくれる。

上記のような口コミ評判が多いです。この手のキャットフードは猫の食いつきが良い点が特徴的ですね。安いキャットフードに慣れてしまうとプレミアムキャットフードを全く食べてくれない弊害などが生じます。そして、値段の安さに関する口コミ評判が多いです。ミオキャットフードは1kgで200円前後の超格安キャットフードです。この点を評価している飼い主さんが多いです。

  原材料の部分でマイナスポイントが多いキャットフードですが、値段が魅力的で購入しようと思っている方は湿気対策だけ注意しましょう。大容量のキャットフードなので、保存容器なども考えた上で購入しましょう!

こちらの記事もあわせてチェックしましょう!

⇒⇒安全でコスパ最強の安いキャットフードのおすすめランキング

⇒⇒安くても合成添加物が不使用なキャットフード3選

⇒⇒国産キャットフードのメリットデメリットとおすすめ4選

⇒⇒110種類以上のキャットフードの比較一覧表! 価格と主原料と安全性を一覧で確認できます。

⇒⇒110種類以上のキャットフードからおすすめできるドライフードをランキング形式で紹介しています!

まとめ

いかがだったでしょうか。ミオキャットフードの栄養成分や安全性について紹介しました。毛玉ケアに対応したキャットフードですが、使用されている原材料が猫の健康にプラスに働く材料以外に危険が伴う可能性がある材料が使用されています。添加物などを気にする飼い主さんにはおすすめできないキャットフードです。もし、無添加のプレミアムキャットフードを購入したいならカナガンキャットフードモグニャンキャットフードもおすすめですよ!

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事