猫用懐石シリーズの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介しています。日進ペットフードが製造販売するキャットフードでスーパーやホームセンターで必ず販売されていると言っても過言ではないぐらいの知名度を誇ります。合成着色料や香料を使用しているので食いつきの良さは多くの飼い主のお墨付きです。しかし、食いつきが良さと猫ちゃんの健康維持は全くの別物です。いくら食いつきが良く美味しく食べてくれても長期的な視点で見ると合成着色料などは健康面でプラスはありません。懐石シリーズの栄養バランスとキャットフードの安全性を見ていきましょう。

猫用懐石シリーズの特徴

猫用懐石シリーズ
懐石シリーズは日清製粉グループの日進ペットフードが製造販売するキャットフードです。猫用懐石シリーズはドライフードの懐石zeppin、懐石2dish、懐石4dishとウェットフードの合計4種類が販売されています。スーパーやホームセンター、ドン・キホーテなどで販売されているので、猫を飼っている方なら一度は手にして購入を検討したことがあると思います。今回は、ウェットタイプの缶詰タイプの懐石缶(厳選まぐろ白身 魚介ダシスープ)について詳しく紹介していきます。

猫用懐石シリーズの販売店

猫用懐石シリーズはお店だけでなく、Amazonや楽天市場などの大手総合通販サイトで購入可能となっています。いつもスーパーで購入しているならAmazon定期便などを試してみるとキャットフードを購入する手間が減りますよ。また、お店で買っている方はネット通販のキャットフードの品揃えにビックリすると思います。店舗よりも多種多様なキャットフードが購入・比較検討できますよ! なお、当サイトでも日本で購入できるキャットフードを評価づけして一覧で比較できるようになっています。あわせて読んでみてください!

⇒⇒キャットフードランキング!キャットフード比較一覧表を読む!

猫用懐石シリーズの栄養バランス

猫用懐石シリーズの栄養バランスは下記の通りです。ウェットフードは水分を食事と共にしっかり摂取できる優秀なキャットフードですが、懐石シリーズは水分量がかなり多くタンパク質が10%を切っている点を踏まえると、ドライフードなども同時に食べさせないと長期的な視点を踏まえると、健康を維持するのに必要な栄養素を摂取しきれないと感じました。

タンパク質 9.0%以上
脂質 0.2%以上
粗繊維 0.1%以下
灰分 3.0%以下
水分 90.0%以下

猫用懐石シリーズの原材料

猫用懐石シリーズの厳選まぐろ白身魚介ダシスープは、魚中心の原材料ですが、調味料と保存用にビタミンEが使用されています。猫缶なのでゼリータイプでとても食べやすくなっています。調味料の詳細が公開されていませんが、継続的に食べさせる飼い主さんもあまりいないので、ほどほどに食べておけば問題ありません。ウェットフードをメインのご飯にしている方は多くないのでドライフードのトッピング用途などに活用できますね。

まぐろ、フィッシュエキス、オリゴ糖、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、ビタミンE

猫用懐石シリーズの口コミ評判

猫用懐石シリーズの口コミ評判はとても上々です。ツナの香りがするので美味しく食べてくれるという口コミ評判があります。ただし、注意点があります。ドライフードの懐石zeppinシリーズなどは、着色料や添加物が使用されている上に穀類中心のキャットフードです。エキスやパウダーで食いつきを高くしていますが、猫の健康維持という観点から見るとあまり推奨できないキャットフードと言えます。注意しましょう!

⇒⇒110種類以上のキャットフードの比較一覧表! 価格と主原料と安全性を一覧で確認できます。

⇒⇒110種類以上のキャットフードからおすすめできるドライフードをランキング形式で紹介しています!

まとめ

いかがだったでしょうか。猫用懐石シリーズの栄養バランスと安全性の口コミ評判を紹介しました。懐石シリーズの猫缶はフィリックスと比較すると着色料などが使用されていないので安全性が高いです。ただし、調味料などの曖昧な表記が少し気になりました。

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事