犬用プリスクリプションダイエットの特徴や栄養成分、原材料、口コミ評判について紹介します。病気の愛犬の食事管理を手軽にできるように作られた特別療法食のドッグフードです。アトピー性皮膚炎やメタボ、ストルバイト尿石などの病気に悩む飼い主さんはぜひチェックしてみてくださいね。

犬用プリスクリプションダイエットの特徴

プリスクリプションダイエット
犬用プリスクリプションダイエットはアメリカの獣医師が推奨する特別療法食のドッグフードで病気を患った犬の食事管理を自宅で実施することを目的として作られました。臨床栄養学に基づいて開発され、症状に合わせた最適な栄養バランスで作られているので食事から愛犬の病気の改善をサポートしたいという方におすすめです。12種類の症状に対応しています。

  • 栄養補給や体力回復
  • 皮膚病
  • 心臓病
  • 消化器病
  • 犬の関節炎
  • 腎臓病
  • 肝臓病
  • 糖尿病
  • 肥満
  • 尿路結石
  • 歯周病
  • 食物アレルギー

このように、様々な病気に対応したドッグフードが販売されており、細かな食事のケアができます。専門家が認めているほど事前予防や病気の療養中などに与えるといいドッグフードといえます。プリスクリプションダイエット製品はスーパーやペットショップでも販売されていますが、病院で診察してから購入することをお薦めします。

犬用プリスクリプションダイエットの栄養成分

犬用サイエンスダイエットプロの栄養成分と原材料について、今回はアトピー性皮膚炎に対応した「ダーム ディフェンス」製品に注目して紹介します。ダームディフェンスはヒスタガードという独自成分が配合されかゆみに効く製品となっています。
まずは栄養成分について見ていきましょう。タンパク質量は少ないですが、オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸が高配合されており、内側から皮膚の健康や被毛のケアをサポートしてくれます。また、抗酸化成分のビタミンEも配合されているので環境による刺激やアトピー皮膚炎のときの免疫反応を食事で管理することができます。

粗タンパク質 17.0%以上
粗脂肪 13.0%
粗繊維 4.0%以下
灰分 7.0%以下
水分 10.0%以下

犬用プリスクリプションダイエットの原材料

つづいて、ダームディフェンスの原材料を見ると、以下のとおりです。穀物と鶏肉中心のドッグフードとなっています。また、犬の体に負担のかかる合成添加物は一切使用されておらず、酸化防止剤も自然な原材料を使用しています。市販されているドッグフードは、合成添加物や質の悪い原材料が使用されていることが多いですが、特別療法食ということもあってプリスクリプションダイエット製品は安心して購入することができるでしょう。

トウモロコシ、米、トリ肉(チキン、ターキー)、コーングルテン、トリ肉エキス、全卵、植物性油脂、亜麻仁、動物性油脂、ビートパルプ、魚油、ポークエキス、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、乳酸、ビタミン類、(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)、リポ酸、ローズマリー、クローブ油、ウコン抽出物、グレープフルーツ抽出物

犬用プリスクリプションダイエットの口コミ評判

犬用プリスクリプションダイエットの口コミ評判は、「症状が改善された」「体を掻く回数が減った」など高い評価を付けている方がいる一方で「効果がなかった」「合わなかった」といったマイナスな口コミもありました。症状の度合いや犬の相性によって効き目は異なるようですね。市販されているドッグフードの中でも病気別に最適な栄養バランスを整えた特別療法食であるプリスクリプションダイエットはかなり貴重です。気になる方はぜひアマゾンや楽天から購入してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は犬用プリスクリプションダイエットの特徴や栄養成分、原材料、口コミ評判について紹介しました。アレルギーや尿路結石、肥満などの症状を食事面からサポートしたいと考えている方はぜひ使ってみてくださいね。

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事