犬用サイエンスダイエットの特徴や栄養成分、原材料、口コミ評判について紹介します。獣医などの専門家がペットの栄養学に基づいて開発したドッグフードです。愛犬の健康や成長、長生きをサポートするドッグフードを探している方は最後までチェックしてくださいね!

犬用サイエンスダイエットの特徴

犬用サイエンスダイエット
犬用サイエンスダイエットは大手ペットフードメーカーのヒルズは製造販売するドッグフードで、米国の獣医師が自分のペットのために選ぶNo.1フードというコンセプトで販売されています。獣医師や栄養学者などの専門家が長年の研究で得た確かなデータをもとに、犬に必要な50種類以上の栄養素をバランスよく配合しているのが特徴です。病気や老化の原因となる活性酸素から守る抗酸化成分が高配合されており、愛犬の健康や長生きをサポートしてくれるのもサイエンスダイエットの大きな特徴です。
犬用サイエンスダイエットの特徴をまとめると以下のとおりです。

  1. 栄養学に基づいて開発されたドッグフード
  2. 病気や老化防止から守る抗酸化成分が高配合
  3. 50種類以上の栄養素がバランスよくが配合された総合栄養食
  4. AAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準をクリアした製品
  5. 消化吸収に優れ、嗜好性の高い美味しいフード
  6. 合成添加物不使用

犬用サイエンスダイエットはライフステージや犬種に合わせて24種類のドッグフードを展開しており、子犬期から老齢犬期まで、小型犬から大型犬まで、すべての犬に与えられます。また、肥満傾向の犬にはカロリーや脂肪分オフのタイプがあるので、カロリー制限をしたい場合でも利用することができます。
スーパーやホームセンターのドッグフード売り場などでも販売しており、有名なドッグフードです。Amazonや楽天などのネット通販からでも簡単に購入することができるので、重たいドッグフードを持たずに手軽に買えるネット通販で購入するのがおすすめです。

犬用サイエンスダイエットの栄養成分

今回は、サイエンスダイエット下部尿路の小型犬 パーフェクトウェイト (1歳以上)のドッグフードに注目して栄養成分や原材料を紹介していきます。サイエンスダイエットの成分は下記の通りです。タンパク質が20%以上で、市販ドッグフードの中で高タンパク質だと思います。この製品は、特にビタミン類やオメガ脂肪酸が多く含まれており、必要な栄養素が十分に配合されていることがわかりますね。

タンパク質 23.5%以上
脂肪 9.5%以上13.5%以下
粗繊維 14.5%以下
灰分 6.5%以下
水分 10.0%以下
カルニチン 200mg/kg以上
オメガ3脂肪酸 0.5%
オメガ6脂肪酸 1.5%
ビタミンE 470IU/kg以上
ビタミンC 85mg/kg以上
エネルギー 319kcal/100g

犬用サイエンスダイエットの原材料

犬用サイエンスダイエットの原材料については、以下のとおりです。原材料を見ると、一番多いのが小麦、コーングルテン、トウモロコシとなっており、高炭水化物であることが伺えます。タンパク質量が23.5%以上ありますが、中身を見ると動物性タンパク質は少なく、植物性タンパク質が多いのかもしれませんね。犬の体の負担を考えるなら、グルテンフリーや動物性タンパク質が豊富なドッグフードを選ぶのがいいでしょう!

小麦、コーングルテン、トウモロコシ、トリ肉(チキン、ターキー)、エンドウマメ、セルロース、トマト、トリ肉エキス、動物性油脂、亜麻仁、ビートパルプ、ココナッツ油、ポークエキス、米、ニンジン、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン、リジン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)、カルニチン、リポ酸

犬用サイエンスダイエットの口コミ評判

Amazonの犬用サイエンスダイエットの口コミ評判で多いのが下記の通りです。サイエンスダイエットは全体的にAmazonで5つ星中4.0〜4.5の評価を得ており、レビュー数も多いので人気が伺えます。星5つが50%を超えています。

  • コスパがよく食いつきも良い
  • 大容量タイプがあり、もちがいいのでありがたい。ネットで購入できるのでお店に行く手間や労力が減って助かった
  • ファスナー付きなので保存しやすく安心
  • 穀類が多く含まれており、涙やけがひどい。肉が少ないのが残念

このように、コストパフォーマンスが良く安く購入できる点や食いつきの良さが高評価につながっているようです。購入の利便性や高コスパなことが人気につながっています。一方で、穀類が多いので愛犬の健康を気にする方にはあまり向かない製品と言えます。穀類の多いドッグフードは犬にとって消化に負担がかかり、植物性タンパク質が多いと尿路結石などのリスクが伴います。犬の健康や長生きのサポートをするなら、カナガンドッグフードピュリナワンなどがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は犬用サイエンスダイエットの特徴や栄養成分、原材料、口コミ評判について紹介しました。愛犬のドッグフードをお探しの方はぜひ参考にしてくださいね。

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事