成猫後に起きる愛猫のトラブルで目やに・涙が多く出る、肥満になってしまう、尿路結石になってしまう、腎臓病を患ってしまう(結果的にですが)、などの症状を気にする方が多いです。今挙げた症状よりは気にする方が少なくなりますが、猫の食物アレルギーのトラブルも抱えている飼い主さんは少なくありません。そこで今回は、猫の食物アレルギーの原因や正しいキャットフードの選び方について紹介していきます! 食物アレルギーはキャットフードに含まれる特定の素材に対してアレルギー反応が起きて下痢や嘔吐などの症状が引き起こされてしまいます。症状が起きたら与えているキャットフードを食べさせるのが難しいので、すぐに動物病院で相談することが重要です。

猫の食物アレルギーの原因

まず、最初に理解するべきポイントは猫の食物アレルギーは猫によって症状が異なってきます。大きく分けると下記のような症状が挙げられます。

  • 胃炎による下痢や嘔吐
  • 皮膚のかゆみを誘発して自分の体に引っかき傷をつけてしまう

上記のような猫の食物アレルギーが起きる原因は、キャットフードが大きく関係しています。一般的に猫にアレルギーが起きやすいとされている食物は、国産キャットフードに含まれている可能性が高い小麦・大豆・トウモロコシなどの穀類(植物性タンパク質)です。穀類はアレルギーを引き起こしやすいだけでなく、完全肉食動物の猫は体内での消化吸収が苦手なので穀類完全不使用のグレインフリーフードを推奨する獣医師も多いです。また、豊富な動物性タンパク源となる肉類(牛肉、豚肉)もアレルギーを引き起こしやすい食材と言われています。牛肉と豚肉を原材料に使用したキャットフードは当サイトで100種類以上紹介している中で、5種類も存在していません。豚肉と牛肉を使用しているキャットフードが少ないのは、アレルギーを引き起こしやすいと言われているゆえんだと思います。(牛肉と豚肉は、アレルギーを引き起こしやすいというだけで危険な原材料ではありません。)
ターキーや鶏肉はアレルギーを引き起こしづらいと言われる肉類で、アレルギーを気にしてターキーを使用したキャットフードを選ぶ飼い主さんも多いです。また、新鮮な魚中心のキャットフードもアレルギーが起きづらいと言われています。猫の食物アレルギーが起きる原因は猫によって異なり、アレルゲン対象となる原材料も異なります。重要なことはアレルギーを引き起こす原材料を特定することです。

  1. 新鮮な動物性食材が主原料になった総合栄養食
  2. アレルギーを引き起こしづらいタンパク源のキャットフードを選ぶ
  3. 穀類がアレルゲンと特定できている穀類不使用のグレインフリーキャットフードを選ぶ
  4. 飼い主が原材料をしっかり見て愛猫の餌を選ぶ

アレルギー対応のキャットフード選びには、上記がとても重要となってきます。アレルギーを特定するために血液検査を検討する方もいると思いますが、3万円程度の費用がかかる上に全てのアレルゲンとなりうる食材を特定するのは難しいです。飼い主が愛猫の状態をしっかり観察してスキンシップを心がけて、キャットフードを食べた後に上記のようなアレルギー症状が起きたら餌を切り替える処置が重要です。

おすすめのアレルギー対応キャットフード

アレルギー対応のキャットフードというくくりで紹介しますが、全ての猫がアレルギーを引き起こさないというわけではない点だけご了承ください。

モグニャンキャットフード

モグニャンキャットフードを食べる猫
モグニャンキャットフードは、アレルギーが起きづらい白身魚が63%配合された厳選キャットフードです。第二原料もサツマイモでアレルギーを引き起こしやすい小麦などの穀類が完全不使用となっているグレインフリーキャットフードです。獣医師も推奨しているキャットフードで新鮮な動物性食材がタンパク源となっているので、健康維持や下部尿路疾患リスクの低減も期待できるキャットフードです。毎日の給与量を守って猫に与えれば成猫後に起きやすい病気などを未然に防ぐ効果も期待できます。

⇒⇒モグニャンキャットフードを安く買える公式サイトはこちらをクリック!

シンプリーキャットフード

シンプリーキャットフードを食べる猫
シンプリーキャットフードはサーモンとサツマイモが中心になったグレインフリーキャットフードです。肉類不使用のキャットフードですが、魚介類のキャットフードの特徴とも言うべき点ですが、ナトリウム比率が1%となっています。キャットフードの塩分濃度が気になる方もいると思いますが、塩分濃度が1%のキャットフードを食べ続けても健康に害を及ぼさないという研究結果も出ているのでご安心ください。定期便購入で最大20%OFFで購入できる期間限定キャンペーン中です! 公式サイトをチェックしてみてください!

⇒⇒シンプリーキャットフードを安く買える公式サイトはこちらをクリック!

ピュリナワン

相変わらずピュリナワンを出すと興味津々
ピュリナワンは大手ペットフードメーカーのネスレジャパンが製造販売しているキャットフードです。穀類が含まれていますが、アレルギーが出づらい鶏肉やターキーが主原料になっているので穀類がアレルゲンにならないという特定ができている猫ちゃんにおすすめです。グレインフリーの高級プレミアムキャットフードと比べると1Kgあたり600円台で購入可能となっています。今なら期間限定で定期便購入で20%OFFで購入できる上にネスレ通販で利用できる2,000円相当のショッピングポイントとオリジナルキャットトンネルがプレゼントされます。大手ペットフードメーカーなので安心して購入できますよ!

ファインペッツ

ファインペッツだけでも無事食いつき良く食べ始めました
ファインペッツはアヒル肉とニシンが主原料になったキャットフードです。国内で流通しているキャットフードには珍しいアヒル肉とニシンを使用しているので、まだ愛猫に与えたことがない飼い主さんも多いはずです。これらの食材はアレルギーが出づらい上に試す価値ありです。深刻な食物アレルギーで餌の選定に悩んでいる飼い主さんにおすすめです。今ならお試し1.5Kgが初回限定で1,000円で購入できるキャンペーン中です!

オーガニクス

オーガニクスキャットフード
オーガニクスキャットフードは、有機原材料を使用したキャットフードとして知名度が高いオーガニックキャットフードです。主原料が有機鶏肉なので、試してみる価値ありです。有機栽培の野菜や豆類も使用されているのでぜひ、検討してみてはいかがでしょうか!

アレルギー対応のキャットフードでよくある口コミQ&A

アレルギー対応のキャットフードを検討している方が気になるよくある口コミQ&Aを紹介していきます。

国産のキャットフードはおすすめなの?

残念ながら当サイトで100種類以上のキャットフードを独自調査しましたが、国産キャットフードはアレルギーが起きやすい穀類が中心の上に猫の体に害を及ぼす可能性がある合成添加物がたっぷり使用されています。穀類の種類も多い上にアレルゲンの特定がとても難しくなってしまうので、国産キャットフードは推奨できません。下記のキャットフード比較一覧表をチェックしてみてください。主原料と合成添加物の有無を一覧でチェックできます。

⇒⇒110種類以上のキャットフードの比較一覧表! 価格と主原料と安全性を一覧で確認できます。

アレルギーはキャットフードを変えたらすぐに改善される?

アレルゲンの特定ができてキャットフードを変えてもすぐに改善される可能性はあまり高くありません。食物アレルギーが含まれていないキャットフードに変えても2ヶ月かかってしまうこともあります。また、可能性は著しく低いですが、新しく切り替えたキャットフードに配合されている原材料が原因でアレルギーを引き起こしている可能性もあります。キャットフードを切り替えたら2ヶ月程度継続して様子を見ることが重要です。ダメなら原因分析して新しい餌に切り替えましょう。

今までに猫が食べたことがない原材料は問題ない?

猫の食物アレルギーは今まで食べたことがある原材料に対して起きる可能性が高いです。そのため、上記で紹介したアヒル肉やニシンなどを使用したキャットフードを試してみるのもひとつの手段としておすすめできます。今まで色々試してもアレルギー症状が改善されなかった場合は、高タンパク質で新鮮な動物性食材を使用したキャットフードを試してみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか。猫の食物アレルギーの原因とアレルギー対応キャットフードをまとめて紹介しました。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです。

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事