キャットフードの原材料にビートパルプという表記を見たことがある方も多いです。ビートパルプの評価は2つに分かれるので、結論から言うとビートパルプを使用していないキャットフードを選ぶのがもっとも手っ取り早い方法と言えます。逃げるは恥だが役に立つに通ずる部分もありますね。良し悪しが不明確な原材料ならビートパルプを使用していないキャットフードを選ぶのが良いでしょう。そこで今回は、ビートパルプの特徴やデメリットを紹介した後にビートパルプ不使用のおすすめキャットフードを紹介していきます!

ビートパルプの特徴とデメリット

ビートパルプは砂糖大根から砂糖を排除した後に残った搾りかすを指します。食物繊維が豊富なことから便秘解消に良いという考えもありますが、反対にビートパルプのせいで便秘になるという考えもあります。また、ビートパルプを使用していたキャットフードを与えていた猫の餌を切り替えて、ビートパルプ不使用の無添加プレミアムキャットフードに変えたら下痢になってしまったという口コミも多く見受けます。元々、ビートパルプは繊維で腸内環境を整えて便を固くして下痢と便秘を改善する目的で使用されていましたが、ビートパルプ以外にもサツマイモなどの野菜に含まれる食物繊維の効果で腸内環境を整えることはできます。

 ビートパルプに関しては、良し悪しの判断が難しいという考えを持っています。だったら、ビートパルプが配合されていないキャットフードを選ぶのがもっとも得策で簡単な方法と言えます。当記事でビートパルプ不使用のキャットフードをまとめて紹介していきます。

ビートパルプ不使用のおすすめキャットフード

ビートパルプ不使用のおすすめキャットフードをまとめて紹介していきます。サツマイモなどの野菜が配合されていて食物繊維を確保できる点も重視して紹介していきます!

モグニャンキャットフード

モグニャンキャットフードを食べる猫
ビートパルプ不使用のキャットフードで白身魚63%配合の動物性タンパク質が主原料となっているグレインフリーキャットフードです。第二原料にサツマイモが使用されているのでビートパルプなしでおすすめできるキャットフードです。さらにアレルギーが起きやすい穀物不使用なので、植物性タンパク質ではなく、動物性タンパク質からタンパク質を摂取できる点も推奨できます。体内への栄養素の吸収率がとても高いと言えます。良質なサーモンオイルも使用されているので、袋を開けた瞬間に広がる魚の香ばしい香りが特徴的なモグニャンキャットフードの公式サイトをチェック!

カナガンキャットフード

カナガンキャットフードを食べる猫
カナガンキャットフードも穀物完全フリーの生肉チキンが主原料になったキャットフードです。サツマイモやジャガイモがしっかり使用されているので、必要な食物繊維を確保できて腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。合成添加物などは完全不使用で良質で品質高いキャットフードであることは間違いないので、一度公式サイトをチェックしましょう。今なら定期便購入で最大20%OFFで購入できるチャンスですよ!

シンプリーキャットフード

シンプリーキャットフードを食べる猫
骨抜き生サーモンとニシンが主原料のお魚キャットフードです。サツマイモ、ジャガイモ、マンナンオリゴ糖が配合されているのでお腹の整腸作用も期待できるフードです。当然、合成添加物不使用で穀物不使用のグレインフリーキャットフードです。ナトリウム比率が1%と高くなっていますが、それだけ良質な原材料を使用していると言えます。塩分濃度が高いキャットフードは体に悪いと考える方もいますが、ナトリウム量が1%程度は全く問題ありません。それよりも動物性食材中心のキャットフードを食べて尿pHを酸性に保って尿石をおしっこで洗い流す方が大切です。一度公式サイトをチェックしましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。ビートパルプ不使用のおすすめキャットフードを紹介しました。ここで紹介した情報をぜひ、参考にしてみてください!

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事