シンプリーキャットフードは、動物栄養学者と共同開発して生まれたキャットフードです。シンプリーブランドの販売開始から今までに全世界で累計100万袋以上販売されたキャットフードで愛猫が喜ぶ美味しさを追求した点が大きなポイントとなっています。新鮮な動物性食材(肉・魚)を使用していて高タンパク質という点は当然のことながら、やっぱり猫が美味しいと感じてバクバク食べてくれる餌をあげたいと考える飼い主が圧倒的に多いです。そこで今回は、いとこの家で何を食べても下痢になったことがない5歳のナイトに3種類のキャットフードを食べてもらったので、食いつきなども同時にレビューしていきます!

シンプリーキャットフードの特徴

シンプリーキャットフード
シンプリーキャットフードは、レティシアン株式会社が製造販売するキャットフードです。カナガンキャットフードモグニャンキャットフードも販売している会社です。公式サイトで実際に愛猫に食べさせた飼い主から健康的なのに美味しいという口コミ評判があるキャットフードです。いとこの5歳のナイトもフーフー言いながらカリカリ音を立てて食べていました。シンプリーキャットフードの特徴は下記の通りです。

  • 子猫から高齢のシニア猫まで全年齢・全猫種が給餌量の調整で食べられるキャットフード
  • 穀類不使用のグレインフリーキャットフードなので猫ちゃんの消化吸収を助ける
  • 動物性食材の新鮮なサーモン・ニシン・マスなどがキャットフードの73%を占める

動物愛護先進国のイギリスで製造されているキャットフードです。合成着色料や合成保存料などの添加物が使用されているいない点も高評価と言えます。シンプリーキャットフードは、サーモンなどの魚が主原料となっている高品質なキャットフードです。

  全年齢・全猫種が食べられるキャットフードなので、私のいとこの家のように5匹で多頭飼いしているような飼い主さんは猫ちゃんごとに餌を分けるのがかなり手間ですよね。また、ごくまれに間違って他の猫の餌を食べてしまいお腹を壊してしまうリスクもあります。シンプリーキャットフードだったら同じ餌を同じタイミングで与えられるので飼い主さんの餌やりの手間はかなり減ると言えます。

シンプリーキャットフードの販売店

シンプリーキャットフードの販売店は公式通販とAmazonショッピングです。楽天市場は出店料や販売手数料が多くかかってしまうので購入できないようになっています。また、Amazonショッピングは販売価格が公式通販よりも割高でお得な割引が適用される定期便コースで買うことができないので、公式通販を利用するのがもっとも最安値でシンプリーキャットフードを買うことができます。定期便コースを利用すれば、通常3,960円が最大20%OFFで1.5Kgで3,168円で購入可能となっています。期間で特典内容が変わっていくのでまずは公式サイトをチェックしてみてください! 1Kg2,000円前半の格安プレミアムキャットフードですが、品質のプレミアムキャットフードと大差ありませんよ!

⇒⇒シンプリーキャットフードを安く買える公式サイトはこちらをクリック!

シンプリーキャットフードの栄養バランス

シンプリーキャットフードの栄養バランス
シンプリーキャットフードの栄養バランスは下記の通りです。カナガンキャットフードも監修している澤柳獣医師もシンプリーキャットフードを推奨しています。カナガンキャットフードには含まれていない、オリゴ糖が胃腸の働きを活発にしてくれる効果を期待できます。獣医師の愛猫はトッピングなしでドライフードを食べてくれたみたいです。さくはトッピングをした方がよく食べるので羨ましい限りです。リンとナトリウムの比率が高いので腎臓が弱い猫ちゃんや病気を患っている状態の猫ちゃんには不向きなキャットフードと言えます。ナトリウムの比率が1%というとやや高い塩分濃度ですが、問題なく美味しく食べてくれる数値です。(過去のアメリカの獣医師の研究結果でナトリウム1%のキャットフードを与えても健康に害を及ぼさないというデータがあります。)

タンパク質 37.00%
脂質 20.0%
粗繊維 1.50%
粗灰分 9.50%
水分 7.00%
カルシウム 1.89%
リン 1.32%
マグネシウム 0.13%
ナトリウム 1.0%
オメガ3脂肪酸 3.89%
オメガ6脂肪酸 1.33%
カロリー 380kcal/100g

完全肉食動物の猫の生態にあった食生活を送ることができる栄養バランスです。サーモンオイルの比率が高いので良質なオメガ脂肪酸を確保できる点もプラス評価です。人口調味料、色料、合成保存料は完全不使用の無添加仕上げです!キャットフードの保存料も猫の体に害がない天然のミックストコフェロール(ビタミンE)を使用しています。ミックストコフェロールは他社のプレミアムキャットフードでも使用しているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

シンプリーキャットフードの原材料

カナガンキャットフードのようにチキンが60%以上占める原材料ではなく、骨抜き生サーモンを中心にサツマイモ、乾燥ニシン、乾燥サーモンやサーモンオイルなどがバランス良く含まれているのが分かります。オリゴ糖やフルーツも配合されているので、天然由来の食材がふんだんに使用されています。着色料が使用されていないのもプラス評価のひとつですね。良いキャットフードは新鮮な動物性食材をふんだんに使用されている特徴があります。動物性食材がメインのキャットフードを食べていれば、尿pHが酸性に保たれるのでストルバイト尿石のリスクも低減できるのでシンプリーキャットフードの原材料はとても良いと言えます。

骨抜き生サーモン(31%)、サツマイモ、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、ジャガイモ、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、サーモンスープ(2.3%)、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

⇒⇒シンプリーキャットフードを安く買える公式サイトはこちらをクリック!

5歳の猫ちゃんのシンプリーキャットフードの食いつき

シンプリーキャットフードを食べる猫

私の1歳年上のいとこが飼っているナイトにシンプリーキャットフードを食べてもらいました。いとこが餌を容器のキャットボールに開けると美味しそうなサーモンの匂いにつられて、ナイトがのそのそと近づいてきました。お腹が空いていたのもありますが、フーフー言いながらものすごい勢いで食べていきました。普段、ナイトがご飯を食べているところはあまり見ないのですが、さくと比較すると食いつきの凄さにやや驚きました(笑)

シンプリーキャットフードを食べる猫

シンプリーキャットフードを食べる猫
当然、猫によって餌の好き嫌いはありますが、いとこのナイトはシンプリーキャットフードを気に入ってバクバク食べてくれました。唯一の難点は、1.5Kgの容量なのですが、袋の口にジッパーがついていないので湿気対策が必要になってくる点です。フードストッカーを購入するほどの量ではありませんが、小分けにして保存するのも手間がかかります。同じ会社が販売しているジャガーキャットフードやカナガンキャットフードはジッパーがついているので、今後の改善に期待できます。キャットフードの保管の面ではマイナスポイントですが、キャットフードとしての栄養バランスや原材料は安心して食べさせることができるのは間違いありませんね!

まとめ

いかがだったでしょうか。シンプリーキャットフードの特徴や栄養バランス、原材料を紹介しました。いとこの5歳のナイトも美味しそうに食べていたのでシンプリーキャットフードを1袋プレゼントしました。本当はさくに食べさせようと思ったんですが、お腹が強くないので色々な餌を食べさせると下痢の原因になるので辞めさせました。その点、ナイトは色々な餌を変えても食いつきがとても良く下痢を起こさないので色々なキャットフードを楽しめて羨ましいです。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです。

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事