店舗とネットで販売されている市販のキャットフードはゆうに100種類以上を超えます。逆に腎臓病を患っている猫などに動物病院で処方されるようなジェーピースタイル ダイエテティクスのキドニーキープなどの医師の診断が必要で気軽に飼い主の自己判断で購入できないキャットフードはごく少数と言えます。市販のキャットフードで総合栄養食だったら何を食べさせても猫の健康維持ができると思ったら大間違いです。逆に高級プレミアムキャットフードを与えていれば病気にならないというワケではありません。人間と同じで健康を維持するのに必要な適切な栄養素が含まれたキャットフードを適量で食べ続けることが健康に直結します。そこで今回は、猫のメインキャットフードにすることができる優れた原材料を使用して栄養バランスが良い市販のおすすめキャットフードを紹介します。

市販のおすすめキャットフード

100種類以上から厳選した市販のおすすめキャットフードを紹介していきます。各社が販売するキャットフードは当サイト編集部で実際に使用されている原材料や栄養バランスを加味してランク付けして評価しています。当サイトで独自評価している市販のキャットフードは下記の記事で一覧で紹介しています。病院で獣医師の判断の元、処方される特別なキャットフードは含まれていません。スーパー、ホームセンター、バラエティショップ、ペットショップ、ネット通販で購入できる市販品をまとめて紹介しています。

ピュリナワンキャットフード

食べ始めると集中して食べます
ネスレジャパンが販売する価格帯が安めですが、新鮮な動物性食材が第一原料になったおすすめのキャットフードです。特に子猫用製品、避妊・去勢手術後の体重ケア製品、室内猫用のターキー&チキンが人気商品です。高タンパク質低脂肪なおすすめの厳選キャットフードです。今ならネスレジャパンの公式通販で購入すれば定期便で20%OFF、さらにネスレポイントとオリジナルキャットトンネルが無料プレゼントされる期間限定キャンペーンを開催中です。まずは、2.2Kgで1,400円から購入できる公式サイトをチェックしてみてください。下部尿路疾患ケアのキャットフードも販売していますよ!

モグニャンキャットフード

モグニャンキャットフード
モグニャンキャットフードは、無添加キャットフードで動物性食材の白身魚(原材料の63%が白身魚)が中心になった厳選キャットフードです。食いつき重視で添加物がたっぷり含まれた安価な格安キャットフードを愛猫に食べさせるのが嫌な飼い主は必見です! タンパク質と脂質を抑えつつ、良質なオメガ6とオメガ3が配合されているので最高級のプレミアムキャットフードを食べさせたい飼い主におすすめです。定期便で購入すれば、愛猫の体重によって異なりますが、1ヶ月あたり4,000円前後で健康的なキャットフードを与えることができますよ。長期的な視点で猫の健康維持を!

カナガンキャットフード

カナガンキャットフードを食べる猫
カナガンキャットフードは、良質なタンパク源の新鮮なチキンが70%を占めるプレミアムキャットフードです。いとこの愛猫のナイちゃんも毎日バクバク美味しく食べてくれています。猫の消化が苦手な穀類完全不使用(グレインフリー)な無添加キャットフードです。添加物いっぱいで食いつき重視のキャットフードと一線を画す製品です。定期便で購入すれば安価な費用で猫の健康を維持できます。全年齢対応のキャットフードなので給与量の調節だけで一生美味しく食べてもらうことができる点も飼い主の大きなメリットです。手間をかけずに健康的な餌を与えて、猫との大切な時間を増やしてみませんか? まずは公式サイトをチェック!

ファインペッツキャットフード

ファインペッツはシンプルな形の無添加キャットフード
ファインペッツは1.5Kg1,000円からお試し利用できる完全無添加のプレミアムキャットフードです。通常購入は3,000円以上の良質なキャットフードですが、アニル肉やニシンが主原料となったおすすめのキャットフードです。我が家のさくも一時期積極的に食べていたキャットフードですよ。ファインペッツキャットフードが気になる方は公式サイトをチェックしましょう!

アカナキャットフード

アカナキャットフードを食べる猫
アカナキャットフードは、新鮮な動物性食材を使ったキャットフードです。お肉主体の製品とお魚主体の製品が販売されています。AFFCO基準を満たした健康的な総合栄養食でカナダ西部の新鮮な原材料をこれでもか! というぐらい使用しています。当然、猫の体に害を及ぼす合成着色料や添加物は完全不使用となっています。公式サイトをチェックしてみてください!

市販のキャットフードで気になる口コミQ&A

市販のキャットフードを購入する前に気になる口コミQ&Aを紹介していきます。

動物病院で獣医師に処方してもらうキャットフードと市販品の違いは?

動物病院で獣医師に処方してもらうキャットフードは、病気を患って脂肪分を極端に少なくしたキャットフード、タンパク質の量を減らして食物繊維の量を増やしたキャットフードなど体に何らかの病気を患った猫が食べる目的のキャットフードです。健康な猫が食べると確実に栄養不足などで健康に害をきたしてしまいます。そのため、猫の状態を診断した医師の判断で処方してもらうことが必要な製品です。健康な猫ちゃんは市販品で全く問題ありません。

店舗で販売しているキャットフードとネット通販は何が違うの?

店舗で販売しているキャットフードとネット通販で販売している製品に違いはありません。スーパーやホームセンターで販売されている製品は資金力がある大手メーカーが販売するケースが多く、ネット通販のみで販売している製品は海外で人気がある製品を輸入して販売している事業者というケースが多いです。輸入している製品は優れているのですが、大手トップメーカーのように資金力がないのでTVCMを流す広告費や店舗に陳列してもらうための交渉力がないので、ネット通販限定になっているケースが多いです。ゆえにネット通販限定で販売されている製品はとてもおすすめできます。事実、当サイトで原材料や栄養成分を調査した100種類以上のキャットフードは、ネット通販で販売されている製品のほうが評価が高いです。

  お店で販売されているキャットフードも公式サイトでネット通販などに対応している製品が大半を占めます。現在、ネットで販売されていないキャットフードを見つけるほうが難しいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。100種類以上のキャットフードから厳選した市販のおすすめキャットフードを紹介しました。猫の健康維持は毎日の食事で決まると言っても過言ではありません。そして、愛猫の健康を守れるのは飼い主であるあなただけです。いつまでも猫ちゃんが元気に楽しく過ごせるように最大限のサポートをしていきましょう!

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事