安いキャットフードはたくさん販売されています。1Kg200円から400円ぐらいのキャットフードが安いキャットフードに分類されますが、そこまで安いと人工添加物がたっぷり含まれたキャットフードを猫に与えることになるケースが大半です。人工添加物や着色料がたっぷり含まれたキャットフードを食べ続けることで長期的に健康に大きなインパクトが出てしまう可能性があります。そこで今回は、安いキャットフードのメリットデメリットと安くてもおすすめできるキャットフードを紹介していきます。

安いキャットフードのメリット

安いキャットフードのメリットを先に順に紹介していきます。当サイトでは1Kg数百円で購入できる市販の激安キャットフードは推奨していませんが、飼い主さんの懐事情によってはメリットがいくつかあります。

出費を抑えることができる

安いキャットフード最大のメリットは愛猫のキャットフードにかかる出費を抑えることができる点ではないでしょうか。最高級の無添加プレミアムキャットフードと比較すると8分の1以下、ミドルクラスの高品質キャットフードと比較すると4分の1前後の値段で購入できます。たしかに出費を抑えることができます、最高級のプレミアムキャットフードを猫に与えても1ヶ月で4,000前後の出費です。飲み会を一回我慢すれば捻出できる費用です。

食いつきが悪くて失敗した時の出費が無駄にならない

食いつきが悪くてキャットフード選びに失敗した時の出費が無駄にならないメリットがあります。食べなくて捨てることになっても数百円の出費で済みます。たしかにこれもメリットではありますが、いくら安いとはいえ、いくつものキャットフードを捨てているともったいないことにつながります。環境破壊にもつながります。

安いキャットフードのデメリット

続いて安いキャットフードのデメリットを紹介していきます。やはり、猫の健康維持にマイナスな原材料が含まれているケースがもっともデメリットと言えます。

猫の健康を脅かす原材料が使用されているケースが多い

猫の健康を脅かす可能性がある人工添加物(合成着色料、人工香味料)などがたっぷり配合されている安いキャットフードは販売されています。当サイトでは100種類以上のキャットフードを比較していますが、少なくとも10種類以上のキャットフードで猫の体にマイナスな影響を及ぼす原材料が使用されているキャットフードが販売されています。1Kg数百円で販売されている激安キャットフードに含まれているケースが大半です。

体内への栄養吸収率が低い

猫は新鮮な動物性食材中心のキャットフードだとタンパク質などの体内への吸収率が高くなります。しかし、安いキャットフードは安価なトウモロコシなどの穀類が主原料となっている商品がとても多いです。健康維持に必要な栄養成分が少ない上に猫は完全肉食動物なので、穀類の消化に支障をきたしてしまいます。安いキャットフードは食いつきも良く猫が美味しそうに食べているように見えますが、体に負荷をかけ続けてしまう結果になります。

おすすめの安いキャットフード3選

おすすめの安いキャットフードをまとめて紹介していきます。今回は激安価格で販売されているキャットフードではなく、かなり格安価格ではありますが、猫の健康に支障をきたさない製品をおすすめで紹介していきます。

ピュリナワン

ピュリナワン
ピュリナワンは2.2Kgで1,400円台で購入できる安いキャットフードですが、新鮮な動物性食材中心のキャットフードでタンパク質と脂質の栄養バランスがとても優れています。大手メーカーのネスレジャパンが製造販売するキャットフードなので安全管理と品質管理が行き届いた工場で製造されているので、製品の安全面は確保されています。特に子猫用のキャットフードや避妊・去勢手術後のキャットフードの栄養バランスが優れているキャットフードです。今ならネスレジャパンの公式サイトで購入すれば20%OFFで購入できる上にネスレポイントやオリジナルキャットトンネルのプレゼント特典を受けることができます。公式サイトをチェックして購入してみてくださいね!

ファーストチョイス

猫用ファーストチョイス
ファーストチョイスは大手消耗品メーカーのアース製薬のグループ企業が販売するキャットフードです。1.6Kgで1,200円の価格帯となっていますが、無添加キャットフードで良質なサーモンオイルを使用したオメガ脂肪酸なども適度に配合されていて、格安価格のキャットフードながら高品質のキャットフードです。大手消耗品メーカーの資金力があるからこそ販売できるキャットフードと言えます。

アイムス

アイムスキャットフード
アイムスはカルカンやシーバキャットフードを手がけるグローバル企業のマースの日本法人、マースジャパンが製造販売するキャットフードです。1.5Kgで1,094円の安いキャットフードです。酸化防止剤BHAが使用されていますが、猫の体に深刻な害を及ぼす量は使用されていません。合成着色料などが不使用で安い価格で購入できるので検討の余地ありです。プレミアムキャットフードと比較するとかなり劣りますが、安い価格のキャットフードの中では推奨できます。

まとめ

いかがだったでしょうか。安いキャットフードのメリットデメリットとおすすめの安いキャットフードを紹介しました。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです。

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事