ボジータキャットフードの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介していきます。ボッシュザナベレを展開する有限会社グローバルエクセレントプロダクツが正規代理店として販売しているナチュラルフードとして推奨できるキャットフードです。スウェーデンのナチュラルフードとして知名度が高く100年以上の歴史と伝統を持つラントメンネンドギー社が製造しているキャットフードで厳格な国際標準化機構の厳しい製品検査に合格している製品を出荷しています。今回は、ボジータキャットフードの原材料や栄養成分を元にキャットフードを独自評価していきます。

ボジータキャットフードの特徴

ボジータキャットフード
ボジータキャットフードはスウェーデンの大自然で育った高品質な動物性食材(肉・魚)や穀物を地元の生産者から調達して地産地消の精神で愛猫の健康維持に役立つキャットフードを製造しています。一級品で食品認可を受けている原材料のみを使用しているので、安全安心なヒューマングレードの良質な素材を活用していることが分かります。総合栄養食で様々なライフスタイルの猫が好むキャットフードで粒の形状です。また、ビタミンとミネラルもしっかり含まれているので、体のトータルケアサポートをしてくれる効果が期待できる健康フードです。そんなボジータキャットフードの製品ラインナップは下記の通りです。

  • ボジータFelineキトン(ドライフード)
  • ボジータFelineアウトドア&アクティブ(ドライフード)
  • ボジータFelineインドア&ステリライズド(ドライフード)
  • ボジータFelineセンシティブ-ダイエット&ストマック(ドライフード)
  • ボジータFelineセンシティブ-ヘア&スキン(ドライフード)

今回は、長毛猫・皮膚や被毛に悩みを抱えている飼い主さんのお悩み解消キャットフードであるセンシティブ-ヘア&スキンの原材料や栄養成分について紹介していきます。毛玉ケアや皮膚ケアで検討してみてください。ボジータキャットフードは、Amazonや楽天市場などで手軽に購入可能となっています。

ボジータキャットフードの栄養成分

高タンパク質で脂質も控えめな栄養成分となっています。その他の栄養成分保証値もペットフード公正取引協議会の基準に準拠していることが分かります。カロリーも低めになっているので、肥満が気になる猫ちゃんにも推奨できます。

粗タンパク質 30%
脂質 15%
粗繊維 3.7%
粗灰分 7.2%
水分 10%
リン 0.9%
カルシウム 1.1%
マグネシウム 0.09%
エネルギー 351kcal/100g

ボジータキャットフードの原材料

ボジータキャットフードの原材料は下記の通りです。スカンジナビア産のサーモンにオメガ3とオメガ6脂肪酸が含まれているので、皮膚に艶や被毛に輝きを与えてくれます。食物繊維も豊富に含まれているので、毛玉ケアで毛球症になりかけている猫ちゃんの対策フードとしても活用可能となっています。ただし、第二原料が全粒小麦という点はあまり嬉しくないですね。できれば、サーモンや新鮮な生肉が望ましいです。体に害を及ぼす原材料は使用されていないのでご安心ください。

鶏肉(ドライ)、全粒小麦、トウモロコシ、サーモン(スカンジナビア産10%)、動物性脂肪、ライス、豚肉粉、加水分解鶏肉、セルロース繊維、トウモロコシグルテン、魚(ドライ/タラ・ニシン)、卵粉、酵母(マクロガード®(β-1.3/1.6グルカン0.06%))、第二リン酸カルシウム、ビートファイバー、塩化カリウム

ボジータキャットフードの口コミ評判

ボジータキャットフードの口コミ評判は、あまりありません。国内では知名度が高くない点が関係しています。穀類は使用されていますが、使用されている原材料に危険性はないので安心して利用できます。口コミ評判に頼らずに愛猫に品質の良いキャットフードを試すという意気込みで購入してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。ボジータキャットフードの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介しました。品質が良いキャットフードということがお分かりいただけたと思います。しかし、裏を返せば特徴がないキャットフードとも言えます。平均的な原材料を使用したプレミアムキャットフードです。愛猫に最適なキャットフードを見つけている方は検討してみてはいかがでしょうか。

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事