激安キャットフードのメリットデメリットと共に安価なキャットフードを必要としている飼い主さんにもおすすめできるコスパが良いキャットフードを紹介しています。100種類以上のキャットフードを分析してきた筆者としては、1Kg300円前後の激安キャットフードは愛猫の健康を考えるなら推奨できないキャットフードです。しかし、激安キャットフードを必要とする方も多いです。そこで今回は、啓蒙活動も含めて激安キャットフードの危険性や得られるメリットデメリットを整理して、激安キャットフードの購入を検討している飼い主さんに正しい情報を伝えていければと考えております。一緒に勉強していきましょう。

激安キャットフードのメリット

激安キャットフードのメリットから順に紹介していきます。激安キャットフードの最大のメリットはキャットフードの支出を最大限抑えることができる点にあると考えます。

キャットフードの支出を抑える

激安キャットフードの最大のメリットは、支出が減ることです。特に多頭飼いしている飼い主さんは安価で激安であればあるほど、支出をセーブできるのでとても助かります。事実、当サイトで激安キャットフードの口コミ評判を調査した時はコスパの良さと激安という点に惹かれて購入している飼い主さんが圧倒的多数でした。また、多頭飼いしている飼い主さんのレビューもたくさんありました。

猫が食べない餌でも捨てるのがもったいなくない

フードジプシーの飼い主さんの最大の悩みは色々なキャットフードを比較して良かれと思って買ったけど愛猫が全く食べてくれない……見向きもされない餌をしつこく与えて栄養失調になったら困ると考えて別の餌を買う方が多いと思います。泣く泣く捨てるはめになるケースもゼロではありません。そんな時に高級キャットフードだったら捨てるのに躊躇してしまいますが、激安キャットフードだったら罪悪感を覚えずに捨てることができます。

気軽に購入できる

1Kg300円前後の激安キャットフードだったら痛い支出ではないので、気軽に購入できます。イマイチなキャットフードだったら別のに変えればいいやという感じで割り切って購入できます。激安キャットフードのメリットは購入しやすさにもあると考えます。

激安キャットフードのデメリット

続いて、激安キャットフードのデメリットを紹介していきます。デメリットのポイントとなるのが愛猫の健康管理や将来の病気などです。

健康を損なう可能性が高くなる

人間と同じように安価な激安のジャンクキャットフードを食べ続けていると、短期的には健康に害をおよぼしている印象がなくても数年後に肥満や腎臓病などにかかってしまうリスクが圧倒的に高くなります。激安キャットフードは栄養素の吸収効率が悪く、猫の健康維持に必要な栄養素を確保しようとすると量を多くしなければいけません。しかし、基準量以上食べてさせてしまうと肥満に直結してしまいます。分かりやすく例えるなら、品質が悪い食事でお腹をいっぱいにしている状態を続けることになってしまいます。

発がん性物質の恐れがある合成添加物が使われている

赤色40号などの着色料やBHA、BHTなどの酸化防止剤は、発がん性物質の恐れがある合成添加物として有名です。問題なのは正確に検証をしていない段階の添加物が国産キャットフードなどにたっぷり使用されている点です。これらの合成添加物は愛猫の健康を阻害する可能性があるので、なるべく使用されていないキャットフードを選ぶことが対策方法として挙げられます。激安キャットフードには必ずといっていいほど、着色料・保存料・人工調味料などの合成化学物質がたっぷり含まれています。

健康的なキャットフードへの切り替えが難しくなる

人工的な味付けの激安キャットフードに慣れてしまった猫は、健康的な完全無添加の健康的なキャットフードを与えると見向きもしなかったり、食いつきが極端に悪くなってしまう可能性があります。猫は生後6ヶ月で覚えた味や食事を餌として認識すると言われています。そのため、激安キャットフードを与え続けていると、健康的なキャットフードに切り替えるのが難しくなります。人間にも同じことが言えます。外食やファストフードの濃い味付けに慣れた人がお寺の精進料理のような自然食を食べると素っ気なく感じるのと同じです。

  激安キャットフードにはメリットデメリットがあります。メリットは価格的なポイント、デメリットは愛猫の健康に関する点がポイントとなってきます。当サイトでは量だけ多くて粗悪な激安キャットフードは推奨していません。

コスパが良いおすすめキャットフード

冒頭でも紹介していますが、当サイトでは合成添加物がたくさん配合された激安キャットフードを推奨していません。そこで今回は、安くても高タンパク質低脂肪で添加物が使用されていない上に人気の売れ筋キャットフードを紹介します。もし、1Kg300円前後のキャットフードが欲しいなら下記で紹介するキャットフードが激安キャットフードに位置する製品なので商品情報を元に検討してみてください。

⇒⇒1Kg200円前後:ミオキャットフード
⇒⇒1Kg250円〜300円程度:キャットスマック
⇒⇒1Kg250円前後:キャラットミックス

ピュリナワン

ピュリナワンを食べる猫
なっちゃん家のさくがモリモリたくさん食べてくれるキャットフードです。避妊手術後なのでベストセラーで大手総合通販サイトで売れ筋ランキング1位の避妊手術後の体重ケア製品を与えています。高タンパク質低脂肪でターキー・チキンなどの新鮮な動物性食材が主原料となっているキャットフードです。合成添加物不使用な上に大手メーカーのネスレジャパンが製造販売を行っているので、品質の高さと安全性に定評があります。10種類以上の製品ラインナップを取り揃えていて、全ての猫のライフステージにあわせたキャットフードを販売しています。2.2Kgで1,500円前後のキャットフードですが、1Kg300円前後のキャットフードと比較しても増える出費は、猫ちゃん1匹で月に1,000円以下です。愛猫の健康を考えるなら外食を1回我慢すれば捻出できる費用ですよ!
今なら公式通販で購入すれば定価の20%OFFで購入できる上にオリジナルキャットトンネルとネスレ通販で利用できる2,000円相当のショッピングポイントがプレゼントされる期間限定キャンペーン中です。まずは、公式サイトをチェックしてみてください!

⇒⇒ピュリナワンを安く買える公式サイトはこちらをクリック!

もっとピュリナワンについて詳しく知りたい方は下記の記事をチェックしてみてください。

⇒⇒ピュリナワンの原材料や栄養成分の口コミ評判と食事レポート

まとめ

いかがだったでしょうか。激安キャットフードのメリットデメリットとおすすめドライフードを紹介しました。激安キャットフードよりも高品質なおすすめキャットフードであるピュリナワンを検討してみてください!

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事