プロフェッショナル・バランスの特徴や栄養成分、原材料、安全性の口コミ評判について紹介します。プロフェッショナル・バランスはメディコートと同じペットライン社が販売する、ペットフード専門家が開発したバランスのいいドッグフードです。愛犬の健康維持、健康維持に最適なドッグフードを探しているなら要チェックですよ!

プロフェッショナル・バランスの特徴

プロフェッショナル・バランス
プロフェッショナル・バランスは犬の健康を守るために臨床栄養学の観点から考えられた適切な栄養バランスのドッグフードです。ライフステージに合わせた栄養バランスとカロリー設計が行われており、全犬種、全ライフステージの犬に与えられるようになっています。
プロフェッショナル・バランスの特徴をまとめると以下のとおりです。

  1. 乳酸菌や酵母菌など腸内環境を健康に保つための成分を配合
  2. 高い消化性で、胃腸への負担が少ない
  3. 犬種やライフステージに合わせたカロリー設計でどの犬でも相性の合う餌を展開
  4. 国産で高品質、安全性が担保されている
  5. マグネシウム0.1%で、尿のpH値をアルカリ性にさせない設計

上記のように、プロフェッショナル・バランスは、犬の体に負担のない優しい原材料と健康維持のために栄養バランスが整ったドッグフードと言えます。マグネシウム量が少ないため、ストルバイト結石などの尿路結石のリスクは低く、安心して餌を与えることができます。小型犬用に小粒タイプがあったり、ダイエット用に低脂肪・低カロリー設計タイプがあったり、おやつとしてジャーキータイプがあったりとニーズに合わせた種類を展開しているのも、プロフェッショナル・バランスの特徴です。

プロフェッショナル・バランスの栄養成分

ここでは、プロフェッショナル・バランスの栄養成分と原材料について紹介します。今回は、10種類の中から一番人気の1歳から成犬用の製品について詳しく見てきましょう。
まずは栄養成分から。タンパク質は24%以上で脂質10%以上は、標準的なバランスといえます。タンパク質のメインは肉類で動物性蛋白質が主流なので、消化性が高いのでしょう。ビタミン類やEPA、DHAなど体づくりをサポートする栄養素がしっかり含まれている栄養バランスの取れたドッグフードといえます。

タンパク質 24.0%以上
脂質 10.0%以上
粗繊維 3.5%以下
粗灰分 8.5%以下
水分 10%以下
カルシウム 0.9%以上
リン 0.65%以上
マグネシウム 0.1%
ナトリウム 0.3%以下
リノール酸 1.33%
ビタミンE 547IU
ビタミンB1 8mg
ビタミンB2 9mg
ビタミンC 151mg
グルコサミン 135mg
EPA+DHA 0.26%
エネルギー 約350kcal/100g

プロフェッショナル・バランスの原材料

続いては、1歳から成犬用ドッグフードの原材料を見ていきましょう。以下の原材料を見ると、とうもろこしなどの穀類が最も多く、2番めに肉類という順番になっています。犬は肉食動物なので、犬本来の食事の観点から見ると炭水化物よりも動物性タンパク質が主原料のほうが、体へのリスクは少ないです。しかし、プロフェッショナル・バランスは穀類が主原料となっているため、カナガンピュリナワンなどよりも体の負担が大きいかもしれません。

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール)、肉類(ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダー)、豆類(おから)、油脂類(動物性油脂、フィッシュオイルパウダー:DHA源・EPA源、ガンマ-リノレン酸)、魚介類(フィッシュミール)、糖類(フラクトオリゴ糖)、ブドウ種子エキス、共棲発酵エキス(乳酸菌、納豆菌、酵母菌)、シャンピニオンエキス、ビタミン類(ビタミンA 、ビタミンE、ビタミンK3、ビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、ビタミンB12 、ビタミンC 、塩化コリン)、ミネラル類(炭酸カルシウム、リン酸カルシウム、塩化カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、硫酸鉄、亜鉛アミノ酸複合体、炭酸亜鉛、炭酸マンガン、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

プロフェッショナル・バランスの口コミ評判

プロフェッショナル・バランスのAmazonを例にすると星5つ中3の総合評価を得ています。実際の口コミ評判を見てみると、「ネット通販ですぐに届く」「わざわざペットショップへ行かなくてもよくなった」「食いつきが良い」「便通が良くなった」など高評価の口コミを書く人が多いです。一方で「ドッグフードが硬い」「あまり噛まなくなった」などと評価する人もいます。ぜひプロフェッショナル・バランスを購入するなら、愛犬の嗜好性や犬種、ライフステージを考慮して種類を選定するといいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はプロフェッショナル・バランスの特徴や栄養成分、原材料、安全性の口コミ評判などについて紹介しました。ドッグフード購入にぜひ参考にしてみてくださいね・

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事