猫の餌におすすめのキャットフードはたくさんあります。しかし、各種メーカーから下部尿路ケア、肥満ケア、腎臓病ケア、毛玉ケアなど多種多様な特徴を持つキャットフードが販売されているのでもっとも良いキャットフードを選択するのがとても難しいと感じる飼い主さんが多いと思います。そこで今回は、猫の健康に考慮した上でコスパが良いキャットフードをランキング形式で紹介していきます。まず、最初に当記事で定義するコスパの良さを確認してください。

猫の餌におすすめの市販キャットフード

猫の餌におすすめのコスパが良い市販キャットフードの定義は下記の通りです。

  1. 猫の体に害を及ぼす可能性がある合成添加物は不使用
  2. 肉や魚などの動物性タンパク質が主原料になっている
  3. 1Kg1,500円以下で購入できるキャットフード

上記の通りとなっています。1Kg300円前後で穀物中心のキャットフードや合成添加物を使用しているキャットフードなどは対象から外しています。1位から順にコスパと安全性と品質を追求した順になっています!

1位 ピュリナワンキャット

ピュリナワン
1Kg700円前後で購入できるチキンやターキーなどの動物性タンパク質が主原料になったハイグレードなキャットフードです。ネスレジャパンが手がけるブランドで5種類以上の製品ラインナップを取り揃えており、Amazonのキャットフード売れ筋ランキングでも上位を独占したことがある大人気製品です。スーパーやホームセンターでも販売されているのでとても知名度が高い製品です。コスパと動物性タンパク質だけが特徴ではありません。着色料・保存料無添加で全ての製品が毛玉ケアサポートも兼ね備えています。編集部スタッフの愛猫もピュリナワンとモグニャンキャットフードを併用することで毛玉を吐かなくなりました。ピュリナワンが気になる方はネスレジャパンの公式通販をチェックしましょう! 期間限定でオリジナルキャットトンネルと2,000円相当のショッピングポイントがプレゼントされるキャンペーン中です。今すぐチェック!

2位 ソリッドゴールド


ラムとチキンミールが主原料になったキャットフードです。エンドウ豆が穀物の代わりにふんだんに使用されているのでキャットフードの消化吸収率も期待できますね。エンドウ豆から食物繊維もしっかり確保できるので毛玉ケアなどにも効果を期待できます。塩、化学物質、小麦、コーン、大豆不使用で良質なサーモンオイルからオメガ脂肪酸も確保できます。良質なキャットフードですが、1Kg1,300円前後で購入できるので少し奮発したい飼い主さんにおすすめです。

3位 ファーストチョイス

猫用ファーストチョイス
アース製薬の子会社が販売する品質が良く良質な亜麻仁を使用したキャットフードです。主原料も鶏肉で猫の体に害を及ぼす可能性がある合成添加物を使用していません。1Kg800円前後で購入可能となっています。知名度は低いですが、値段の割に良質であるキャットフードとして推奨できます。

4位 ホリスティックレセピー

ホリスティックレセピー
ホリスティックレセピーは、アメリカで学んだペットフード学の知識を日本に持ち込んで日本の住環境や生活環境を考慮した上で開発された製品です。合成保存料、人工着色料、人工香味料が完全不使用になっている猫に優しいキャットフードです。主原料が鶏肉と鶏肉粉なので動物性タンパク質をしっかり確保できる点も推奨ポイントです。1Kg1,000円前後で安価な価格帯の割に品質が良いのでブリーダーさんからも推奨されるキャットフードです!

まとめ

いかがだったでしょうか。猫の餌におすすめの市販キャットフードをランキング形式で紹介しました。ぜひ、ここで紹介した情報を参考にしてみてください。猫の体に考慮したキャットフードを選ぶことも重要ですが、コスパ重視で選ばないと長期的に猫に合った餌を金銭的に与え続けることが難しくなる可能性もあります。飼い主さんのお財布事情や考えで品質のみを追求するのか、値段のみを追求するのか、品質と値段のいいとこ取りを追求するのかを検討してみてください! 下記の記事で100種類以上のキャットフードの価格や主原料が一覧で比較できます。当サイトの基準に基づいて品質分けしているので活用してみてください!

⇒⇒110種類以上のキャットフードの比較一覧表! 価格と主原料と安全性を一覧で確認できます。

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事