プロステージキャットフードの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介していきます。プロステージルシャットシリーズのキャットフードは、ライフステージや各部位の健康に配慮した製品を5種類以上販売しています。獣医師の指導と協力により販売開始されたキャットフードです。プロショップ専用のクオリティを市販品で実現した総合栄養食として活用できる高級プレミアムキャットフードです。今回は、ルシャットシリーズの原材料や栄養成分を確認して製品を独自評価していきます!

プロステージキャットフードの特徴

プロステージキャットフード
プロステージルシャットキャットフードは、イースター株式会社が手がけるプレミアムキャットフードブランドです。デトレ、デトレpH、ストレ、ファーレ、ヘアレ、ヌクレなどの製品ラインナップが販売されています。どの製品も成猫になった後に気になる腎臓の健康維持や尿pHケア、お腹の健康維持などに配慮したキャットフードです。それぞれの製品の特徴は下記の通りです。

  1. プロステージ デトレ(腎臓の健康維持)
  2. プロステージ デトレpH(腎臓と尿pHの健康維持)
  3. プロステージ ストレ(お腹の健康維持)
  4. プロステージ ファーレ(F.L.U.Tの健康維持)
  5. プロステージ ヘアレ(毛玉の排泄ケア)
  6. プロステージ ヌクレ(免疫維持)

上記の通りとなっています。療法食ではなく気になるポイント向けの製品を購入して与えるのが良いでしょう。今回は、多くの飼い主さんが悩みを抱える腎臓と下部尿路疾患ケアができるデトレpHの原材料や栄養成分について紹介していきます。プロステージルシャットシリーズは、Amazonや楽天市場で購入できます。気になる方はぜひ、チェックしてみてください!

プロステージキャットフードの栄養成分

プロステージキャットフードの栄養成分は下記の通りです。保証成分値を見る限りは療法食に近い栄養成分となっています。タンパク質抑えめで脂質が適正値となっています。主原料が米粉となっている点も他社の療法食に通ずる点があります。

タンパク質 27%以上
脂質 15%以上
粗繊維 2.5%以下
灰分 8%以下
水分 10%以下
マグネシウム 0.08%
ナトリウム 0.25%以上
エネルギー 370kcal/100g

プロステージキャットフードの原材料

プロステージキャットフードの原材料は下記の通りとなっています。米粉とビーフミールが主原料となっています。ビートパルプやpH調整剤、酸味料、香料が使用している点が気になる飼い主さんも少なくありません。筆者は嫌だなと感じる原材料が配合されているキャットフードは選ばないようにするポリシーを持っています。深刻な害を及ぼす可能性が極めて高い原材料は配合されていませんが、推奨できるキャットフードではありません。天然由来の原材料を使用したキャットフードを選んだほうが良いと思います。

米粉、ビーフミール、動物性油脂、タピオカ澱粉、米糠、ビートパルプ、チキンミール、卵黄粉末、酵母エキス、ビール酵母、植物性油脂、精製魚油(DHA・EPA源)、チーズパウダー、オリゴ糖、チキンエキス、かつお粉末、かつお・まぐろエキス、活性炭※、酵母抽出物(ヌクレオチド源)、殺菌処理乳酸菌、乾燥カモミール、乾燥ローズマリー、ミネラル類(塩化カリウム、未焼成卵殻カルシウム、硫酸亜鉛、食塩、第二リン酸カルシウム、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン)、ビタミン類(コリン、E、C、ナイアシン、パントテン酸、A、イノシトール、B2、B1、B6、葉酸、K、B12、ビオチン、D3)、pH調整剤(塩化アンモニウム)、酸味料(クエン酸)、香料(バターオイル)

公式サイトから引用

筆者は個人的に尿pHは新鮮な動物性原材料を使用したキャットフードを与えれていれば、尿pHが酸性に保たれて下部尿路疾患リスクを低減することにつながると考えています。ゆえに尿pHケア製品を愛猫に与えなくても、新鮮な動物性原材料をふんだんに使用したキャットフードを与えていれば良いと思います!

まとめ

いかがだったでしょうか。プロステージキャットフードの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介しました。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです!

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事