SGJプロダクツキャットフードの栄養成分と安全性を紹介していきます。オーガニックキャットフードとして評価高いSGJのキャットフードの原材料や栄養成分を元に独自評価していきます。知名度が高く口コミ評判が良いキャットフードでも猫の体に害を及ぼすキャットフードは多く存在します。逆にキャットフードの食いつきや食べないなどの理由から口コミ評価が悪いキャットフードでも無添加で栄養成分が素晴らしい製品もたくさんあります。特に無添加キャットフードやオーガニックフードは食べ慣れていない猫が多いため、食いつきの面で評価を落としやすくなっています。重要なのは原材料と栄養成分と価格です。あなたがキャットフードの本質を見抜く力が重要となります。一緒にSGJプロダクツキャットフードの原材料や栄養成分を確認していきましょう!

SGJプロダクツキャットフードの特徴

SGJプロダクツキャットフード
SGJプロダクツ製品は、化学合成添加物不使用、原産国不明の原材料不使用というポリシーを元にペットフードの輸入卸を行っているSGJプロダクツ株式会社が販売する製品です。キャットフード、ドッグフード、サプリメント、トリートメント、おやつ&スナックを販売しています。SGJプロダクトは自然食というコンセプトを重視してオーストラリアの食品用肉のみを使用してオーガニック認定工場で製造して日本で販売しています。品質の高さが売りのキャットフードと言えます。体の骨格を作るタンパク質豊富な動物性食材(肉、魚介類)や穀類、ビタミン・ミネラル食物繊維を確保する野菜やフルーツをバランス良く配合しています。SGJプロダクツの製品を購入するには、提携しているペットショップや正規のネット通販ショップで購入可能となっています。ペットショップは日本全国で20店舗前後しか取り扱っていないので、圧倒的にネット通販を利用するのがおすすめです。Amazonや楽天市場などの信頼性高い大手総合通販サイトで購入可能となっています。

SGJプロダクツキャットフードの栄養成分

高タンパク質低脂肪で栄養バランスに全く問題はありません。新鮮な食品グレードの原材料のみを使用しているので、猫の健康維持に大きな役割を果たしてくれます。ドライフードは缶詰と混ぜても美味しく食べられる商品内容となっています。

タンパク質 31%以上
脂質 11%以上
粗繊維 5%以下
灰分 8%以下
水分 10%以下
エネルギー 362kcal/100g

SGJプロダクツキャットフードの原材料

SGJプロダクトキャットフードの公式サイトで公開されている原材料は下記の通りです。ラム肉と魚介類が中心となったキャットフードということが分かります。ラム肉はアレルギーが出づらい動物性食材として多くの飼い主から愛用されているキャットフードの主原料のひとつです。主原料以外にも自然界に存在する天然由来の原材料のみが配合されています。キャットフードの信頼性は◎です!

ラム肉 / 魚類(ギンヒラス / シロギス / 豪州真ダイ / トビウオ) / ひきわりミレット(黍〉 / ひきわり玄米 / ひきわり大麦 / 米ぬか油 / ※カノラオイル / ひきわりフラックスシード / 米ぬか / ※ニンニク / モンモリロナイト / アマランサス / ユッカ / ネトル / ブルーベリー / スリッペリーエルム / 西洋タンポポ / チコリ / タウリン / ビタミン&キレートミネラル( カロチン / 塩化コリン / 炭酸カルシウム / ビタミンE / ヘム鉄 / ビタミンA / ヘム亜鉛 / ナイアシン / 葉酸 / チアミン / ビタミンB6 / ヘムマンガン / ビタミンK群 / ヨウ素 )

SGJプロダクツキャットフードの口コミ評判

SGJプロダクツキャットフードの口コミ評判は、オーガニックで安全な材料だけで作られている点がとても評価されています。羊の肉が主原料なのでウインナーソーセージの匂いを強くしたような匂いがあるので、猫によっては食いつきが極端に悪くなってしまう心配などを投稿されている方がいます。いずれにせよ、高価格なプレミアムキャットフードに分類されますが、一般の飼い主の評価もとても高く安心して愛猫に与えることができるキャットフードと評価します。

まとめ

いかがだったでしょうか。SGJプロダクツキャットフードの栄養成分と安全性を紹介しました。初めてオーガニックキャットフードの購入を検討している方の参考になれば幸いです!

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事