イオンキャットフードの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介しています。大手ショッピングセンターを運営しているイオンのオリジナルプライベートブランドであるTOVALUのキャットフードについて紹介していきます。キャットスナックやかつおぶし、缶詰、フレークタイプのウェットフードなども販売していますが、今回はイオンキャットフードのドライフードに特化した情報を紹介していきます。国産の超激安キャットフードと同じぐらい安いキャットフードとして知名度がありますが、果たして原材料や栄養成分の評価はいかに。今すぐチェック!

イオンキャットフードの特徴

イオンキャットフード
イオンキャットフードの最大の特徴は、日本全国のイオンや系列店で購入できるプライベートブランドとして販売されているので1Kg300円以下で購入できる格安価格が最大の特徴です。イオンのドライフードの製品ラインナップは下記の通りです。

  1. イオンキャット ドライフード まぐろ味
  2. イオンキャット ドライフード かつお味
  3. イオン高齢猫用 キャット ドライフード かつお&まぐろ
  4. イオンヘアボールに配慮したキャットドライフードかつお味
  5. イオンヘアボールに配慮したキャットドライフードまぐろ味

今回はイオンキャットドライフードのまぐろ味について原材料や栄養成分を見ていきましょう。全国のイオン系列の店舗で購入できますが、店舗によって取り扱いがない可能性もありますのでご注意ください。もし、24時間Amazonや楽天市場の大手総合通販サイトなどで購入したいなら当サイトで100種類以上のキャットフードを比較しているのであなたのライフスタイルに合う製品を検討してみてください!

⇒⇒110種類以上のキャットフードの比較一覧表! 価格と主原料と安全性を一覧で確認できます。

イオンキャットフードの栄養成分

イオンキャットフードの栄養成分は下記の通りです。植物性タンパク質が中心になっているので炭水化物の比率が低めになっています。また、動物性原材料が少ないのでタンパク質の体内への吸収率も気になります。イオンキャットフードは総合栄養食として愛猫に与えることができます。

タンパク質 27%以上
脂質 9%以上
粗繊維 9%以下
灰分 9%以下
水分 10%以下
エネルギー 346kcal/100g

イオンキャットフードの原材料

イオンキャットフードの原材料は下記の通りです。とうもころこし、大豆ミール、小麦ふすま、コーングルテンミールが主原料となっています。猫が消化吸収が苦手な穀物中心の植物性タンパク質が中心となっています。魚原材料もエキスなどが配合されていることから、猫の健康に配慮したキャットフードとはいい難い点があります。チキンミールは4Dミートや鶏の羽や口ばしなども配合されている恐れがあるので注意が必要です。保存料や酸化防止剤もたっぷり使用されているのでこちらも注意が必要です!

とうもろこし、大豆ミール、小麦ふすま、コーングルテンミール、チキンミール、タピオカ、チキンオイル、パーム油、フィッシュミール、動物性たんぱくエキス、まぐろエキス、ミネラル類(ナトリウム、クロライド、カルシウム、リン、鉄、亜鉛、マンガン、銅、カリウム、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、D3、ナイアシン、B1、パントテン酸、B2、B6、葉酸、K、ビオチン、B12、塩化コリン)、タウリン、保存料(プロピオン酸)、酸化防止剤(V.C、V.E)

公式サイトから引用

イオンキャットフードの口コミ評判

イオンキャットフードの口コミ評判はありません。やはりスーパーで購入する商品ということもありネット口コミはほとんど存在しません。激安キャットフードでコスパが良いので、安価なキャットフードを求める飼い主さんからはとても評判が良いという想定ができます。しかし、猫の健康を考えるなら推奨できないキャットフードと言えます。多少値段が高くなりますが、ピュリナワンキャットのように1Kg700円台ながら、無添加の良質な動物性タンパク質が中心になっているキャットフードを検討することを推奨します!

まとめ

いかがだったでしょうか。イオンキャットフードの栄養成分と安全性の口コミ評判について紹介しました。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです。

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事