キャネットチップの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介していきます。キャネットチップと言えば国産第一号のドライフードとして1972年に発売開始して以来、40年以上ロングセラーを続けるキャットフードです。ロングセラーの秘訣はどこにあるのでしょうか。今回は、メイドインジャパン製品にこだわる飼い主必見の国産キャットフードの独自調査です。キャネットチップの栄養バランスはいかに。一緒に勉強していきましょう。

キャネットチップの特徴

キャネットチップ
キャネットチップは、スーパーで販売されている品質が良いキャットフードのメディファスを手がけるペットラインが製造販売する商品です。ペットラインはヨード卵・光で知名度が高いNOSANのグループ会社でたしかな品質と安全性が確保されている商品として魅力高いです。キャネットチップは日本で最初の国産キャットフードとして販売されて以来、キャネットチップシリーズ以外にキャネットチップこく旨リッチシリーズも販売開始されています。今回は、定番のキャネットチップシリーズのフィッシュについて紹介していきます。現在、販売されているキャネットチップは下記の通りです。

  • キャネットチップフィッシュ、キャネットチップミックス
  • キャネットチップお肉とお魚ミックス、キャネットチップかつお味ミックス
  • キャネットチップ海のめぐみミックス、キャネットチップ毛玉サポートお魚ミックス
  • キャネットチップ毛玉サポートお肉とお魚ミックス
  • キャネットチップ11歳からの腎臓の健康維持お魚ミックス、11歳からの腎臓の健康維持お肉とお魚ミックス

定番のキャネットチップにミックスシリーズ、毛玉ケアと腎臓ケアキャットフードが販売されています。サクサク粒でドライフードが大好きな猫ちゃんにおすすめです。優れた栄養バランスで健康をしっかりサポートしてくれます。

キャネットチップの販売店

キャネットチップは、スーパーやホームセンター等の量販店以外にAmazonや楽天市場で購入可能となっています。2.7Kgの大容量で1,000円以下で購入できるドライキャットフードはそこまで多くないので重宝する価格帯という口コミ評判が多いです。ただし、2.7Kgのキャットフードは小分けパックされていないので湿気対策が重要です。7.2Kgタイプは1.8Kgが4つに小分けされています。とはいえ、1.8kgでも湿気対策は必要となってきます。キャネットチップが気になる方は通販サイトをチェック!

キャネットチップの栄養成分

キャネットチップの栄養成分は下記の通りです。タンパク質がそこそこ確保できるように見えますが、穀類中心のキャットフードなので体内への吸収率という点でネガティブな印象を受けます。やはりタンパク質の配合比率が高くても体に吸収できないようでしたら、一切意味はないですからね。

タンパク質 27.0%以上
脂質 9.0%以上
粗繊維 4.5%以下
粗灰分 9.0%以下
マグネシウム 0.12%以上
リノール酸 0.9%以上
水分 10%以下
カロリー 350Kcal/100g

キャネットチップの原材料

キャネットチップも猫が消化しづらい穀類がもっとも使用されている原材料となっています。ビール酵母、アミノ酸、ガンマーリノレン酸などを使用して健康なキャットフードに見えますが、これらの成分配合料は少ないのでそこまでプラス材料ではありません。また、ヨード卵・光もヨード卵粉末を使用しているので新鮮さという点では生卵に劣ってしまいます。使用しなくても良い合成着色料を使っているので飼い主にアピールする目的が大きいキャットフードとやや感じざるを得ません。

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、等)、肉類(ミートミール、チキンミール、等)、豆類(おから、脱脂大豆、等)、魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、等)、油脂類(動物性油脂、ガンマ-リノレン酸、等)、卵類(ヨード卵粉末)、ビール酵母、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、イノシトール)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、着色料(赤102)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、ミックストコフェロール)

  国産キャットフードのみを購入することにしている飼い主だったら良いですが、原産国にこだわりがないなら高品質なヒューマングレードの原材料を使用したキャットフードを選定した方が良いでしょう。2.7Kgで752円という超格安キャットフードですが、やはり原材料の内容を見ると多くのマイナスポイントが散見されてしまいます。

こちらの記事もあわせてチェックしましょう!

⇒⇒安全でコスパ最強の安いキャットフードのおすすめランキング

⇒⇒安くても合成添加物が不使用なキャットフード3選

⇒⇒国産キャットフードのメリットデメリットとおすすめ4選

⇒⇒110種類以上のキャットフードの比較一覧表! 価格と主原料と安全性を一覧で確認できます。

⇒⇒110種類以上のキャットフードからおすすめできるドライフードをランキング形式で紹介しています!

まとめ

いかがだったでしょうか。キャネットチップの栄養成分や安全性について紹介しました。合成着色料の種類は少ないのですが、長期的に食べさせるキャットフードとしては推奨できません。ただし、価格がとても安いこともあるので低価格のキャットフードを買いたいニーズがあるなら購入してみてください。飼い主さんの財布事情を考慮しつつ猫ちゃんの健康をサポートできるキャットフードを選びましょう。各社のキャットフードの品質評価と販売価格が一覧になった情報は上記の記事で紹介しているので、あわせてチェックしましょう!

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事