正しい缶詰のキャットフードの選び方を知っていますか? 普段、当たり前のように愛猫に与えているウェットフード、缶詰タイプ・パウチタイプ・トレイタイプなど様々な製品が各メーカーから販売されています。しっかり原材料やウェットフードの種類を見て購入しないと猫の健康を損なってしまう恐れがあります。普段、何気なく購入しているいつもの自分のご飯のカロリーや脂質・糖質などを見ると意外と高かったりしますよね。それは猫ちゃんのウェットフードも一緒です。実はウェットフードには一般食と栄養補完食と総合栄養食の区分があるので、ドライフード以上にしっかり選ばないといけません。そこで今回は、正しいウェットフードの選び方とおすすめ缶詰を紹介していきます。

正しいウェットフードの選び方

正しい缶詰のキャットフードの選び方を紹介していきます。各メーカーから缶詰、パウチ、トレイなどの製品が出ていますが、どの製品も同じウェットフード区分です。正しいキャットフードを選ぶ上で理解しなければいけないのが、ウェットフードの栄養区分とドライフードとのかけあわせ方法です。互いに量が多くなりすぎれば、肥満の原因につながります。逆に総合栄養食のウェットフードとドライフードをたくさん食べさせたら確実に肥満の原因につながってしまいます。

ウェットフードの商品区分

ウェットフードは3つの区分で販売されています。総合栄養食として販売されているウェットフードは比較的少なくなっています。ドライフードは大半の製品が総合栄養食として販売されています。

総合栄養食 猫が健康を維持するのに必要な栄養素がバランス良く含まれており、総合栄養食と水だけで健康を保つことができるキャットフード。
栄養補完食 不足しがちな栄養素を補う目的の食事。通常、サプリメントなどが該当するが缶詰タイプのウェットフードで栄養補完食に指定されている製品もある
一般食 猫がいつまでも健康的に暮らし続けるには不十分なキャットフード。一般食だけを食べ続けると栄養不足や栄養過多になってしまうリスクがある。
  主食として缶詰ウェットフードを猫に与えるなら総合栄養食の製品を選びましょう。ドライフードのトッピングやおやつ代わりで与えるなら総合栄養食ではなく、一般食のウェットフードを選んだほうが良いでしょう。

おすすめの缶詰キャットフード

おすすめの缶詰キャットフードを紹介していきます。最初に紹介するカナガンキャットフードの缶詰がおすすめです。Amazonの口コミ評判でも上々の評価を得ています。

カナガンキャットフードの缶詰

カナガンキャットフードの缶詰
最高級の良質なチキンを主原料とした無添加ドライフードで有名なカナガンキャットフードの缶詰です。総合栄養食としても食べることができる栄養バランスで缶詰ながらタンパク質の比率が19%となっています。缶詰も完全無添加で人工保存料、人工着色料などが完全不使用となっています。缶詰ながら良質なタンパク質を確保できるポイントが人間が食べるレベルのチキンをまるごと缶詰に詰めているからです。Amazonの口コミ評判でも人間が食べてもおかしくないレベルのチキンとサーモンがたくさん詰まっているという評価が多いです。それもそのはず、カナガン缶詰の95%がチキンとサーモンで構成されています。猫の健康維持にマイナスな理由がひとつも見つからない点が好評価ポイントです。低脂肪なのでドライフードのトッピング用途でも活用できますね。カナガンキャットフードの公式サイトをチェックしてみてください。ドライフードと缶詰タイプから選べます。今なら期間限定で最大20%OFFで購入できる定期割引キャンペーンも開催中ですよ!

ナチュラルバランス サーモンフォーミュラー

ナチュラルバランスキャットフード
ナチュラルバランスシリーズのサーモンフォーミュラーです。人工的な保存料、着色料、香料などが完全不使用の無添加キャットフードです。サーモンを主原料に白マスやにんじん、鶏卵などが配合されていて栄養バランスが整っています。ナチュラルバランスのドライフードは高品質キャットフードとして知名度が高い上に安全性と栄養面のバランスに優れた全年齢対応の総合栄養食です。缶詰も同じく、総合栄養食として食べることができるのでチェックしましょう!

モンプチゴールド 極上まぐろ

モンプチゴールド極上まぐろ
モンプチゴールドは一般食として販売されている高級ラインナップのモンプチ缶詰です。Amazonなどの口コミ評判がとても高くおすすめできますが、ゼリー仕上げで添加物が配合されている点と一般食なのでドライフードのトッピングやおやつ感覚で与えるのがおすすめです。

ウェットフードのメリット

ウェットフードのメリットを先に詳しく紹介していきます。

水分たっぷりなので飲み水が少ない猫に最適

ウェットフードの最大の特徴は水分たっぷりの食事を猫に与えることができる点です。ドライフードの水分量は10%前後ですが、缶詰ウェットフードの水分量は70%〜85%前後です。普段、水をあまり飲む習慣がない猫ちゃんに食事から水分を摂取する方法として検討できます。水分摂取量が少ないと下部尿路疾患リスクを高めることにつながるので注意が必要です。

ドライフードの食いつきが悪い時に気分転換に与えられる

ドライフードの食いつきが悪くなったり飽きが来てしまった時の代用の食事としてウェットフードを多用する飼い主さんもたくさんいます。ドライフードにまぶして食べやすくする方法も一般的となっているので、ウェットフードを併用するメリットはあります。

ウェットフードのデメリット

続いて、ウェットフードのデメリットを紹介していきます。これはパウチタイプ、缶詰タイプ全てに共通しているポイントです。

栄養バランスが崩れやすい

ウェットフードを選ぶ時に間違って一般食を選んでしまってメインで与えると栄養不足に陥ってしまいます。また、総合栄養食のウェットフードとドライフードをたくさん与えると肥満の原因につながります。人間と同じで健康的な食事は健康維持に必要な栄養素を毎日バランス良く食べることが何よりも重要となってきます。

開封後の保存がネック

我が家の15歳シニア猫の華ちゃんは食が細くなっており、療法食と缶詰を併用して与えることがあります。缶詰を全部一度に食べてくれないので冷蔵庫で保存しますが、その時に匂い移りや乾燥が気になります。キャットフード用の缶詰カバーを購入すれば解決しますが、ジッパー付きドライフードと比較すると開封後の保存がデメリットと言えます。

まとめ

いかがだったでしょうか。正しいウェットフードの選び方とおすすめ缶詰キャットフードを紹介しました。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです。ウェットフードは猫の嗜好性にあわせて食べさせてあげる飼い主さんも多いです。愛猫に与えやすい食事ですが、注意点もあるので気をつけましょう!

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事