猫用ミネットの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介していきます。スマック社が製造販売するキャットフードブランドとして展開されている製品ですが、実際の原材料と栄養成分保証値から見るキャットフードの評価はいかに。安全性と猫の健康維持という両軸からキャットフードを評価していきます。一緒に勉強していきましょう。

猫用ミネットの特徴

猫用ミネット
ミネットキャットフードは、スマック社のオリジナル独自製法であるテイストイン製法でお肉とお魚を使用した粒に国産熟成かつおをたっぷり加えた点が大きな特徴となっています。猫の食いつきと共に下部尿路の健康維持も考慮しているきめ細やかな配慮もプラス評価です。ミネットはスナック菓子のように1食で食べ切れるように40gの小分けパックとなっている点が飼い主から高評価を得ています。そんなミネットキャットフードの製品ラインナップは下記の通りです。

  1. Minette(ミネット)国産熟成かつお添え、国産熟成まぐろ添え、国産減塩かつお節添え
  2. Minette(ミネット)国産鱈チップ添え、国産かつお節添え、国産まぐろチップ添え
  3. Minette(ミネット)国産ささみ添え、国産小魚添え

ミネットキャットフードの製品ラインナップは上記の通りとなっています。ミネットは楽天市場やAmazonショッピングで購入可能となっています。今回は、Minette(ミネット)国産まぐろチップ添えの栄養成分や原材料評価をレビューしていきます。

猫用ミネットの栄養成分

栄養成分は総合栄養食の基準をキープしているので平均的なキャットフードの保証値と言えます。主原料が穀類になっているので、穀類中心のタンパク源となっている点だけ注意しましょう!

タンパク質 30%以上
脂肪 12%以上
粗繊維 3%以下
粗灰分 9%以下
水分 10%以下
エネルギー 350Kcal/100g

猫用ミネットの原材料

ミネットキャットフードは、穀類主体の原料構成です。魚介類もミールやフィッシュパウダーが中心となっていて、肉類の比率も多くないので原材料の品質の高さは感じられません。猫の健康に害を及ぼすpH調整剤と合成着色料も使用しているので、当サイトでは非推奨のキャットフードに位置づけられてしまいます。とはいえ、愛猫の食いつきをあげるためにメインのキャットフードに少し混ぜて食べさせるという考えの方もいるので、程よい量を与えるようにしてみてはいかがでしょうか。

穀類(とうもろこし、小麦粉、パン粉、コーングルテンミール等)、魚介類(フィッシュミール、熟成かつお、フィッシュエキス、フィッシュパウダー)、肉類(ミートミール、チキンミール、ポークミール)、動物性油脂、豆類(脱脂大豆等)、ビール酵母、粉末セルロース、タンパク加水分解物、酵母細胞壁、植物発酵抽出エキス、ミネラル類(カルシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、ヨウ素)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、葉酸、コリン)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、 ph調整剤、着色料(赤色102号、黄色4号、青色1号)

猫用ミネットの口コミ評判

食べやすい薄型粒でトッピングたっぷりの国産まぐろチップのおかげで猫の食いつきアップが期待できます。ミネットを購入している飼い主の方は災害などの非常時は国産品の方が入手しやすいという理由で国産品を選んでいますが、現実的に海外の高品質プレミアムキャットフードが手に入らなくなるということは今後発生する可能性がとても低いので、あまり気にしなくて良いと思います。ミネットの口コミ評判は多くありませんが、当サイトでは積極的に猫に与えるべき認定がしずらいキャットフードです。

まとめ

いかがだったでしょうか。猫用ミネットの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介しました。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです。

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事