猫用サイエンスダイエットの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介していきます。サイエンスダイエットはキャットフード売り場があるスーパー、量販店、バラエティショップだったら販売されているお店が多いキャットフードです。店舗で販売しているロイヤルカナン、モンプチなどと同じ定番のキャットフードと言えます。そこで今回は、猫用サイエンスダイエットについて詳しく紹介していきます。サイエンスダイエットはネット通販でも安く買うことができるのでご安心ください!

⇒⇒サイエンスダイエットプロの製品情報はこちらをチェック!
⇒⇒プリスクリプションダイエットの製品情報はこちらをチェック!

サイエンスダイエットの特徴

サイエンスダイエット
サイエンスダイエットはアメリカの獣医師が自分のペットのために選ぶキャットフードというコンセプトで大手ペットフードメーカーのヒルズが製造販売するキャットフードです。日本の販売は、総販売代理店の日本ヒルズ・コルゲート株式会社が運営から流通まで担っています。スーパーやホームセンターのキャットフード売り場に行ったことがあるなら必ず目にしているぐらい知名度が高い商品です。総合栄養食で当然、AAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準をクリアした商品となっています。サイエンスダイエットシリーズのキャットフードは下記の通りです。ドライフードと缶詰の両方が販売されている製品とドライフードのみの製品が存在します。

  1. キトン子猫用(1歳未満、妊娠・授乳期)
  2. アダルト成猫用(1歳から6歳)、ライト(1歳から6歳の肥満猫用)
  3. シニア(7歳以上)、シニアライト(7歳以上の肥満猫用)
  4. シニアプラス(11歳以上)
  5. シニアアドバンスド(14歳以上)
  6. インドアキャット成猫用(1歳から6歳)、インドアキャット高齢猫用(7歳以上)
  7. ヘアボールコントロールアダルト(1歳から6歳)、ヘアボールコントロールライト(1歳から6歳の肥満猫用)、ヘアボールコントロール シニア(7歳以上の高齢猫用)
  8. 避妊・去勢猫用(避妊・去勢後、7歳以上、肥満傾向の猫用)
  サイエンスダイエットシリーズ以外にサイエンスダイエットプロ、プリスクリプションダイエットが販売されています。サイエンスダイエットプロは、様々な健康ニーズに特化してきめ細やかな健康サポートをする目的で販売されています。プリスクリプションダイエットシリーズは、病気の猫ちゃんの食事管理を目的として臨床栄養学に基づいて開発された特別療法キャットフードです。サイエンスダイエットプロは定期的に獣医師の診察を元に猫に与えるのが推奨されています。

サイエンスダイエットの販売店

サイエンスダイエットシリーズは、Amazonで購入可能となっています。量販店では、1,800円台で販売されているケースが多いですが、Amazonネット通販では1.8Kgで1,500円以下で購入可能となっています。店舗で購入するよりも安く購入できるので、重たいキャットフードを自宅に持って帰る手間を削減できてお金を節約できるので絶対にネット通販のほうがおすすめです!Amazonをチェックしましょう!

サイエンスダイエットの栄養成分

今回は、サイエンスダイエット下部尿路の健康を維持できるチキン成猫用のキャットフードにフォーカスして栄養成分や原材料を紹介していきます。サイエンスダイエットの成分は下記の通りです。特筆すべきポイントとしてオメガ3脂肪酸が0.44%、オメガ6脂肪酸が3.32%含まれています。

タンパク質 30.0%以上
脂肪 18.5%以上
粗繊維 2.5%以下
灰分 7.5%以下
オメガ3脂肪酸 0.44%
オメガ6脂肪酸 3.32%
エネルギー 416kcal

サイエンスダイエットの原材料

サイエンスダイエットの原材料は、鶏肉(チキン、ターキー)の配合比率がもっとも多く肉食の猫にピッタリですね。穀物類が小麦・トウモロコシ。コーングルテン・米と種類が多いので消化がやや悪くなるリスクがあります。しかし、ミネラル類も多く入っているため、下部尿路の健康維持に一役を買っています。酸化防止剤も天然由来成分が使用されているので猫ちゃんの体に害を及ぼす危険性はとても低いです。

トリ肉(チキン、ターキー)、小麦、動物性油脂、トウモロコシ、コーングルテン、米、ポークエキス、ビートパルプ、魚油、ミネラル類(ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン、リジン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

サイエンスダイエットの口コミ評判

Amazonのサイエンスダイエットの口コミ評判で多いのが下記の通りです。サイエンスダイエットはAmazonで5つ星中4.2の評価を得ています。星5つが50%を超えています。

  • ニオイがとても強く食いつきが良くしっかり食べてくれる。便臭もかなりキツイニオイになる
  • 1.8Kgの製品は小分けになっているが、2.8Kgは小分けになっていない。湿気対策が必要になってくるので注意が必要
  • 他社製品のパーフェクトフィットキャットフードからサイエンスダイエットに変えたらしっかり食べてくれた
  • カリカリタイプだけど食いつきが悪い。スーパーの安いキャットフードよりも健康に良さそうな感じがする

上記のような口コミが多いです。モグニャンキャットフードカナガンキャットフードピュリナワンと比較すると獣医師からアドバイスを受けて仕方なく食べさせている、健康に良さそうなキャットフードだから食べさせているといった評価が多いです。たしかにサイエンスダイエットの成分や原材料を見るとスーパーの安いキャットフードよりは栄養バランスが良いですが、プレミアムキャットフードと比較するとタンパク質の配合量などで劣る印象を受けます。

さく
サイエンスダイエットは、安全性が高くて栄養成分が優れているキャットフードというのは間違いないよ。ただし、猫によって合う合わないが分かれるといった印象。まずは猫のライフステージに合ったサイエンスダイエットを買って食べさせてみよう。今まで食べていた餌と一緒にサイエンスダイエットの比率を徐々に増やしていくのがおすすめだよ!

まとめ

いかがだったでしょうか。サイエンスダイエットキャットフードの安全性と栄養成分、口コミ評判を紹介しました。ヒルズブランドの安心安全なキャットフードです。脂肪分がやや多いので餌を変える時に今まで与えていたキャットフードとの違いをしっかり確認しましょう!

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事