アゼットキャットフードの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介していきます。アゼットキャットフードは、北海道札幌市に拠点を構えるアゼットジャパンが製造販売するキャットフードです。Amazonや楽天市場でも購入可能なのでとても買いやすいキャットフードと言えます。そこで今回は、アゼット(AZ)キャットフードの特徴や販売店などについて紹介していきます。

アゼット(AZ)キャットフードの特徴

アゼット(AZ)キャットフード
アゼット(AZ)キャットフードは、全てのライフステージの猫が美味しく栄養バランス良く食べられるよう原材料を配合したスーパーハイグレードキャットフードです。いくつもの動物性タンパク質を含むので、成長期の子猫、健康を維持し続けたい成猫向けに品質高い魚、鶏肉を使用したキャットフードです。

アゼット(AZ)キャットフードの販売店

アゼットキャットフードの販売店は、アゼットジャパンの公式通販とAmazon(現在受け付け中止中)・楽天で購入可能となっています。公式サイトよりも楽天で購入した方が格安で買えるので楽天スーパーポイントを貯めていない方でも楽天市場で買うことを推奨します。楽天市場の販売価格の方が安いケースは少ないですが、アゼットジャパンは楽天市場での集客に力を入れている点が大きな要因と言えると思います。

  楽天市場では1Kg1,534円(税別・別途送料)、3Kg4,103円(税別・送料無料)です。3Kgでアゼットキャットフードを購入した方がお得に購入可能となっています。

アゼット(AZ)キャットフードの栄養成分

アゼット(AZ)キャットフードの栄養成分は下記の通りです。ピュリナワンカナガンキャットフードモグニャンキャットフードと比較するとタンパク質の配合量がやや少なく感じます。総合的に見るとカロリー多目のキャットフードなので、全てのライフステージの猫に食べさせる時には飼い主さんがしっかり給餌量を管理してあげる必要があると感じます。

粗タンパク質 30%以上
粗脂肪 17%以上
粗繊維質 4%以下
粗灰分 8%以下
カルシウム 1.0%以下
リン 0.8%以上
水分 10%以下
エネルギー 393kcal/100g

アゼット(AZ)キャットフードの原材料

アゼットキャットフードの原材料でメインとなっているのがライスと肉類です。トウモロコシなどではなくライスがもっとも多い原材料となっているキャットフードはあまり多くないですね。いずれにせよ、新鮮な動物性食材の配合比率が低いキャットフードは猫の消化吸収が悪く、消化する時に体に大きな負荷をかけることになってしまうのでおすすめできませんね。

ライス、肉類(鶏肉ミール、ホワイトフィッシュミール、ミートボーンミール)、ベジタブルオイル、コーングルテンミール、ツナオイル、鶏脂、タウリン、サンフラワーオイル、セルロース、製造酵母、エッグヨーク(鶏卵パウダー)、レシチン、月見草オイル(イープニングプリムローズオイル)、オリゴ糖、ビタミン・ミネラル類(塩化コリン、亜鉛、鉄、ナイアシン、銅、マンガン、パントテン酸、ヨウ素、ビタミン(B6、B12)、葉酸、ビオチン、セレイウム)、アスコルビン酸(ビタミンC)、トロフェロール(ビタミンE)
※公式サイトから参照

  AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)の基準をクリアしているので安全性に関しては心配する必要がありません。ただし、原作国がタイなので発展途上国で製造しているキャットフードに抵抗がある方にはおすすめできません。また、いくつもの原材料が含まれているのでアレルギーリスクを気にする方は別のキャットフードも検討する必要があります。
さく
アゼットキャットフードは獣医がおすすめするキャットフードで日本の会社が販売しているキャットフードなので口コミ評判も高い傾向にあります。ただし、製造国はタイなので発展途上国のキャットフードを避けたい方はヨーロッパやアメリカのキャットフードを検討しましょう。

当サイトで100種類以上のキャットフードを比較した情報を一覧で紹介しています。比較しやすいようにランキング形式で紹介しています。

まとめ

いかがだったでしょうか。アゼットキャットフードの栄養成分と安全性について紹介しました。筆者は個人的に特徴がないキャットフードで動物性食材が主原料になっているので、推奨できるキャットフードではありません。ここで紹介した情報がキャットフード選びの手助けになれば幸いです!

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事