アニモンダキャットフードの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介していきます。今回は、アニモンダラフィーネの鴨肉・七面鳥・鶏肉を原材料に使用したキャットフードの栄養成分や原材料について調査していきます。アニモンダはドイツでも知名度が高いペットフードメーカーです。果たして実際のキャットフードの品質はいかに。大手企業であればあるほどキャットフードの品質は、高品質・低品質の二極化する傾向にあると筆者は考えています。一緒に勉強していきましょう!

⇒⇒アニモンダフォムファインステン(ドライフード)の製品内容を詳しくチェックしたい方はこちら

⇒⇒アニモンダカーニー(ウェットフード)の製品内容を詳しくチェックしたい方はこちら

アニモンダラフィーネの特徴

アニモンダキャットフード
アニモンダキャットフードはメイドインドイツの安心感が売りのキャットフードです。日本総代理店のジャーマンペット株式会社が製造販売するキャットフードです。低品質なキャットフードで使用されている鶏肉粉や肉副産物の羽毛、皮、角、毛、くちばし、爪などは一切使用していません。これらの副産物は安価で高タンパク質なので、実際のタンパク質比率はとても高く見せることができますが、ほとんど体に吸収されずに消化されづらくなっています。アニモンダキャットフードは、新鮮で肉質の良い原材料を使用しているので消化不良で猫に起きやすくなる、腹のはり、軟便、便の悪臭、被毛の輝きの悪化、免疫力定価などを予防できます。

  アニモンダは本物のトリテリーニ、チーズ、エビ、サラミ、イカ、ハム、ソーセージなどを使用したウェットフードが有名ですが、今回はアニモンダドライフードの栄養成分や安全性について紹介していきます。

アニモンダラフィーネの販売店

アニモンダキャットフードの販売店は、日本で10県以上に販売店が存在します。東京都がもっとも店舗数が多く、ターミナルステーションのペットファースト東急ハンズ池袋、東急ハンズ渋谷、GREENDOG東京ミッドタウンや一部動物病院で販売されていますが、全てのアニモンダキャットフードを取り扱っている店舗は日本全国で10店舗以下となっています。もし、アニモンダキャットフードを購入するなら日常的に利用しているAmazonショッピングや楽天市場を活用しましょう。日本全国どこからでも24時間注文可能となっています。アニモンダキャットフードの種類によって値段は異なりますが、今回紹介しているアニモンダラフィーネの鴨肉・七面鳥・鶏肉1.5Kgは、Amazonで2,376円で購入可能となっています!

アニモンダラフィーネの栄養成分

アニモンダラフィーネの栄養成分は下記の通りです。全て保証値となっているのでご安心ください。カルシウムの量が他社のキャットフードと比較すると0.4%程度多くなっています。上記で紹介しましたが、アニモンダはタンパク質の吸収率が高い原材料を使用しているので、100gあたりのタンパク質効率がとても高いキャットフードと言えます。

粗タンパク質 32%以上
粗脂肪 11%以上
粗繊維 1.5%
粗灰分 8%
水分 10%
リン 1%
カルシウム 1.4%
マグネシウム 0.08%
カロリー 374kcal/100g

アニモンダラフィーネの原材料

アニモンダキャットフードの原材料は下記の通りとなっています。余分な材料が一切含まれていないシンプルなキャットフードです。鴨肉・七面鳥・鶏肉などの肉類がもっとも多く含まれていると思いましたが、意外にも第一原料がシリアル(小麦胚芽入り)となっています。多くの飼い主が知っているように原材料を表記する時は配合成分が多い順に表記していく義務があります。ゆえにシリアルがもっとも多く使用されているキャットフードです。新鮮な肉類・魚類が第一原料に使用されているピュリナワンカナガンキャットフードと比較するとかなり劣ってしまいます。とはいえ、自然界に存在する天然由来の自然素材のみを使用して、人工香料不使用なので安心して愛猫に与えることができますね。

シリアル(小麦胚芽入り)、 肉類(鴨肉・七面鳥・鶏肉) 、野菜蛋白抽出物、 ミネラル、 鳥脂肪、乳製品(ヨーグルト) 、イースト 、ハーブ、ビタミンA、 ビタミンD3 、ビタミンE

アニモンダラフィーネの口コミ評判

アニモンダキャットフードの口コミ評判は下記の通りです。

  • 食いつきがよく気にいる猫もいれば、気に入らないのか食いつきが良くない猫もいる。全く食べないわけではないのでそこまで不満はない
  • 袋の口のジッパーの品質が悪く使い物にならない。密閉できないので保存容器が必要
  • ペットと人の食品製造基準が同じドイツ製の安心感が大きい
  • 好き嫌いが多い猫のローテーションフードの一つとして活用している

上記の通りとなっています。ドイツ製の安心感と知名度の高さからかなりの高評価を受けています。しかし、主原料がシリアルなので猫にもっとも適したキャットフードとは言いづらい点だけは忘れないようにしましょう。また、ジッパーの口が閉まりづらいという口コミ評判が多く感じました。キャットフードの保管でおすすめの保存容器3選という記事で紹介しているキャットフードの保存容器も検討してみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか。アニモンダキャットフードの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介しました。筆者は個人的にシリアルがもっとも多い第一原料に使用されている点がもったいなく感じました。もう少し頑張って肉類の比率を増やしたら、猫の生態系に合ったキャットフードと言えるでしょう。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです。

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事