キャットフードの賞味期限で理解しておきたいポイントをまとめて紹介していきます。全てのキャットフードは賞味期限が設定されています。猫は人間と違って自分の体の異変や体重増加を自己努力で改善する難易度が高くなっています。そのため、人間の食事よりも賞味期限に関しては厳格に管理してあげることが飼い主として最低限行わないといけないことだと考えます。今回は、キャットフードの賞味期限に関して勉強していきましょう!
100種類以上のキャットフードを独自調査した結果、推奨できるキャットフードをおすすめ順に厳選しました。まだチェックしていない方はすぐ確認しましょう!

⇒⇒キャットフードの厳選おすすめリスト一覧

キャットフードの賞味期限に関する基礎知識

キャットフードを購入する前に理解しておきたい点に賞味期限に関する基礎知識も該当します。順に紹介していきます。

開封前のキャットフードの賞味期限

キャットフード開封前の賞味期限について紹介していきます。缶詰ウェットフードやドライフードで賞味期限は異なります。

  1. 缶詰ウェットフードの賞味期限……製品によって異なるが、一般的に24ヶ月(2年)〜36ヶ月(3年)が賞味期限に設定されているケースが多い
  2. ドライフードの賞味期限……メーカーごとに基準が異なるが、一般的に12ヶ月(1年)〜18ヶ月(1年半)に設定されているケースが多い

上記の通りとなっています。天然由来の酸化防止剤さえも使用していないプレミアムキャットフードなどは、賞味期限が180日(半年間)に設定されているケースもあります。購入前にキャットフードの賞味期限を確認しましょう!

⇒⇒賞味期限が12ヶ月以上あるプレミアムドライフードのおすすめリスト一覧はこちらをチェック!

開封後のキャットフードの賞味期限

開封後のキャットフードの賞味期限について理解しておきましょう。開封後は毎日餌をあげるたびに空気に触れて製品が酸化していきます。空気に触れるごとに製品が劣化してキャットフード本来の風味や品質が損なわれていきます。完全に酸化してしまうと味が落ちるだけでなく、愛猫の体内で消化吸収できずに下痢や便秘などの大きな病気につながるリスクが高くなってしまいます。開封後は、なるべく空気に触れる時間を短くした上で30日以内に消費してしまいましょう。開封後の消費期間は短ければ短いほど、最後まで美味しく愛猫に餌を与えることができます。

 小分けタイプのキャットフードや2Kg以下のキャットフードを選ぶようにすると30日以内に簡単に消費できるようになります。例えば、1日あたりの推奨給与量が50gだったら1.5Kgの製品だと30日で以内に消費可能となっています。

小分けタイプで当サイトがもっとも推奨するネスレジャパンブランドのピュリナワンキャットをチェックしてみてください。1Kg700円前後の販売価格ながら高品質で無添加のキャットフードです。
⇒⇒ピュリナワンキャットをチェックする!

キャットフードの保存方法

開封後のキャットフードの保存方法としてはフードストッカーなどの購入を推奨します。最低限、袋の口にジッパーがついたタイプの製品をチョイスしましょう。フードストッカーに関しては完全密閉タイプのステンレス製がもっとも望ましいですが、金銭的な面も踏まえるとアイリスオーヤマの簡易フードストッカーにジッパー付きの袋で保存するのがベターと言えます。キャットフードの保存方法に関しては下記の記事も参照してみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか。キャットフードの賞味期限で理解しておきたい3つの基礎知識を紹介しました。品質の良いキャットフードでもメーカーが定める賞味期限を切れたものを猫に与えれば、製品自体が酸化していて逆に体に害を及ぼすフードに変わってしまうリスクも存在します。開封前のキャットフードの賞味期限を確認すると共にまとめ買いする時は少なくとも1年以内に食べ切れる量を購入するようにしましょう!

 キャットフードに関して消費期限という記載があるケースは少ないです。大半のキャットフードは賞味期限(美味しく食べることができる期限)が記載されています。ぜひ、当サイトで様々な基礎知識を学んでより良いキャットフード選びをしてくださいね!

こちらも一緒にあわせて読む

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事