小粒キャットフードのメリットデメリットと小粒フードのおすすめドライフードを紹介していきます。小粒タイプのドライフードを選ぶことで猫が食べやすくなり毎日のカロリーコントロールが簡単になるメリットや食が細く食事量が少ない猫、子猫もしっかりドライフードを食べることができます。今回は、小粒キャットフードについてのコラムを紹介していきます!

小粒キャットフードのメリットデメリット

小粒キャットフードのメリットデメリットを紹介していきます。まず、最初にメリットです。

  1. 噛む力が弱い子猫や老猫でも簡単に餌を食べることができる
  2. 粒が小さく食べやすい(餌を丸飲みするのが猫の習性なので消化吸収にも効果的)
  3. 餌を一気に丸飲みして吐き戻しするリスクが低くなる

小粒キャットフードには上記のメリットがあると考えます。小粒で食べやすいので餌を一気に食べて胃がビックリして吐いてしまう可能性も同時に含んでいるので気をつけましょう。デメリットに関しては、今まで大粒タイプの餌を食べていた猫が餌を変えて見向きされなくなってしまうリスクがあります。

 キャットフードの粒の大きさの好みは猫によって異なります。たしかに小粒のキャットフードの方が食べやすくおすすめできますが、大粒のカリカリが大好きな猫ちゃんもたくさんいます。愛猫の好みに合わせたキャットフードを与えることをおすすめします。

おすすめの小粒キャットフード

おすすめの小粒キャットフードを紹介していきます。動物性原材料が主原料になった無添加フードを中心にピックアップしています。

カナガンキャットフード

カナガンキャットフードを食べる猫
カナガンキャットフードは、やや小粒タイプ(丸い小粒)で全ての年齢の猫が安心して食べることができる穀物フリーのキャットフードです。主原料が新鮮なチキンで動物性原材料の比率が70%の猫の健康維持に優しい原材料のプレミアムフードです。小粒タイプではありますが、それを上回る大きなメリットがたくさんあるキャットフードです。獣医師も推奨する品質のキャットフードなので詳しくは最安値で買える公式通販サイトをチェックしてみてください!

モグニャンキャットフード

モグニャンキャットフード
モグニャンキャットフードは、白身魚が63%配合された穀物フリーのキャットフードです。小麦やトウモロコシの代わりにサツマイモを使用しているのでアレルギーが心配な猫ちゃんにも推奨できる成分です。当然、使用している原材料は全て公式サイトで公開されているので、特定の食材にアレルゲンを持っている猫ちゃんでも安心して与えることができます。良質な原材料を厳選して配合している点、日本人のキャットフードの専門家がレシピ監修している点も見逃せませんよ! 丸い小粒タイプのややソフトな食感のキャットフードです。

シンプリーキャットフード

シンプリーキャットフード
シンプリーキャットフードもモグニャンキャットフード同様、魚中心のキャットフードです。新鮮なサーモンとサーモンオイルが配合されており、動物性タンパク質とオメガ脂肪酸を効率的に摂取することができます。シンプリーは小粒というよりは、丸い粒を平べったく潰した感じの粒タイプです。丸い小粒タイプ同様に食べやすい種類のキャットフードと言えます。公式サイトをチェックしてみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか。小粒キャットフードのメリットデメリットとおすすめキャットフードを紹介しました。良質な小粒キャットフードを探している方はぜひ、検討してみてください! ここで紹介した以外にも当サイトでは100種類以上のキャットフードを紹介しています。ぜひ、下記の記事もあわせてチェックしてみてください!

⇒⇒110種類以上のキャットフードの比較一覧表! 価格と主原料と安全性を一覧で確認できます。

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事