プリスクリプションダイエットの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介していきます。サイエンスダイエットで有名なヒルズが手がける療法食キャットフードです。アメリカの獣医師が推奨する特別療法食ブランドとして長年、病気を患った猫ちゃんのキャットフードに愛用されています。価格帯はかなり高めですが、腎臓病や下部尿路対策、肥満対策ができるキャットフードとして一定の評価を得ています。そこで今回は、プリスクリプション・ダイエットの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介しています。

⇒⇒サイエンスダイエットの製品情報はこちらをチェック!
⇒⇒サイエンスダイエットプロの製品情報はこちらをチェック!

プリスクリプションダイエットの特徴

プリスクリプションダイエット
プリスクリプションダイエットの特徴を紹介していきます。病気を患った猫ちゃんのために臨床栄養学をもとに開発された特別療法食キャットフードです。猫は食事の管理をしっかりすることが健康維持にとってもっとも重要です。しかし、間違った栄養管理や添加物いっぱいのキャットフードを食べ続けたり、元々太りやすい体質の猫が肥満で腎臓病などを患ってしまうケースがあります。事前予防や病気の療養中に食べるキャットフードとして推奨できます。スーパーでも販売されていますが、多くの飼い主は獣医師にキャットフードを変えるアドバイスを受けた上で生活に取り入れるケースが多い傾向にあります。プリスクリプションダイエットの製品ラインナップは下記の通りです。

  1. プリスクリプションダイエット メタボリックス+ユリナリー(体重ケア、下部尿路ケア)
  2. プリスクリプションダイエット メタボリックス(ダイエットケア)
  3. プリスクリプションダイエット a/d(エーディー)、c/d(シーディー)、i/d(アイディー)、k/d(ケイディー)、l/d(エルディー)
  4. プリスクリプションダイエット m/d(エムディー)、r/d(アールディー)、s/d(エスディー)、t/d(ティーディー)、w/d(ダブリューディー)
  5. プリスクリプションダイエット y/d(ワイディー)、z/d(ゼッドディー)

上記の通りとなっています。栄養補給、下部尿路疾患、皮膚病、心臓病、消化器病、猫の関節炎、腎臓病、肝臓病、糖尿病、猫のがん、肥満、猫の尿石症、歯周病、食物アレルギーなどの病気の症状別にきめ細やかな食事ケアができる製品が10種類以上販売されています。今回は、多くの飼い主の悩みである上に毎日の食生活次第では発生頻度が高くなりやすい下部尿路疾患ケアに特化したプリスクリプションダイエット c/d(シーディー)について詳しく紹介していきます。

プリスクリプションダイエットの販売店

プリスクリプションダイエットは、動物病院を中心にペットフードの品揃えが多いスーパーやドラッグストア、ホームセンターで販売されています。また、大手総合通販サイトのAmazonや楽天市場でも購入可能です。動物病院で購入するとかなりの高額になるため、他社のキャットフード同様、ネット通販の方が格安に購入できます。スーパーやドン・キホーテの特売価格には劣る時もありますが、ネット通販だったら4Kgで5,000円で手軽になりますが、何度も購入すればかなりの節約になること間違いなしです。プリスクリプションダイエットを購入するなら獣医師の指導を受けた後にネット通販で手軽に購入してみてはいかがでしょうか。

プリスクリプションダイエットの栄養成分

タンパク質と脂肪がしっかり確保できるので療法食で栄養バランスが乱れる心配は不要です。マグネシウムとリンとカルシウムを低く抑えることで尿結石のリスクを低減させる効果を期待できます。塩分控えめなどの特徴もありますが、通常のキャットフードを食べていればマグネシウムも塩分も摂りすぎてしまう心配は不要です。ピュリナワンカナガンキャットフードモグニャンキャットフードも新鮮な動物性食材を中心としたキャットフードなので水分摂取量をしっかり確保できれば、尿pHを酸性に保ち続けることができるので、尿路結石などのリスクを自然と防ぐことができます。なお、ダイエットに効果的なキャットフードは、良質な動物性食材中心のキャットフードです。100種類以上のキャットフードから厳選比較した、当サイトおすすめキャットフードランキングもチェックしてみてください!

粗タンパク質 30.0%以上
粗脂肪 13.0%以上
粗繊維 2.0%以下
灰分 7.0%以下
カルシウム 0.40%以上
リン 0.85%以下
マグネシウム 0.10%以下
タウリン 0.15%以上
水分 9.0%以下

プリスクリプションダイエットの原材料

療法食ということもあり炭水化物と鶏肉が中心になっています。穀類も含まれていますが、格安キャットフードのように数種類ブレンドされた穀物が中心になっているワケではありません。着色料などの添加物も使用されていないので安心して猫に食べさせることができるキャットフードと言えます。市販のキャットフードに慣れている飼い主さんは原材料が少なく感じますが、猫が健康維持するのにおすすめのキャットフードと言えます。

米、トリ肉、小麦、コーングルテン、動物性油脂、ポークエキス、魚油、植物性油脂、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、メチオニン、リジン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

  療法食キャットフードは猫の食いつきが悪くて全く食べてくれないという口コミ評判が多いですが、根気よく餌を出し続けて食べてくれるまで待つというのも大切です。

まとめ

プリスクリプションダイエットの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介しました。プリスクリプションダイエットは、様々な猫ちゃんの病気の悩み別に最適な栄養バランスのキャットフードを与えることができる特別療法食です。従来の安価なキャットフードと比較するとかなり高価格なキャットフードですが、病気の療養中に食事を変えることで猫ちゃんの健康維持に大きな役割を果たしてくれます。ぜひ、生活に導入してみてください!

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事