猫の健康管理のひとつに歯の健康があります。猫の口内はアルカリ性に保たれているので虫歯菌が繁殖することがとても難しいので、虫歯にならないという情報を知っている飼い主さんはとても多いです。虫歯にならないからと言って、歯磨きを怠って良いわけではありません。歯垢が歯に溜まらないように毎日歯磨きすることが理想ですが、嫌がる猫ちゃんも多いためついつい歯磨きがおろそかになってしまうケースも多いです。そこで今回は、猫の歯磨きにおすすめの厳選おやつについて紹介していきます。食事で歯磨きして歯垢を除去するのもひとつの方法として推奨できます。

猫が歯磨きすることの重要性

冒頭でも紹介しましたが、猫は虫歯になりませんが、歯垢が溜まって歯周病になってしまうリスクはとても高いです。成猫が抱えやすいトラブルは、毛玉トラブル、下部尿路疾患トラブル、肥満などが該当しますが、歯周病も猫が抱えやすいトラブルのひとつです。歯周病を予防するのに効果的な方法は歯ブラシによるブラッシングですが、猫によっては嫌がってしまい難しいケースもあります。元来、野生の猫は自然界に存在する獲物を捕食していたので、獲物の皮やすじ肉などもそのまま食べていたので歯磨きをしなくても歯垢が溜まりにくい状況がありました。しかし、ウェットフードやドライフード中心の食生活になって歯周病になるリスクは高くなっています。

 固めのカリカリドライフードを食べると歯に歯垢が溜まりづらいという考えを持つ方もいますが、猫の食べ方によっても変わってくるので全ての猫ちゃんに一概に言えるわけではありません。

フードで歯磨きはできる?

キャットフードで歯磨きができる製品はいくつか販売されています。歯磨き効果のあるヒルズ・コルゲート社の療法食であるプリスクリプションダイエットのt/dや歯磨きおやつとして知名度が高い猫用グリニーズなどがあります。歯ブラシによる歯磨きに勝る歯周病対策はありませんが、これらのキャットフードでも歯磨き対策は可能です。

歯磨きができる厳選おやつ

歯磨きができる厳選おやつを紹介していきます。プリスクリプションダイエットは猫用ドライフードですが、歯とはぐきの健康目的の療法食です。おやつと療法食の2つの視点でキャットフードをチェックしていきましょう!

猫用歯磨きおやつグリニーズ

猫用歯磨きおやつグリニーズは、おいしく噛んで歯垢をキレイに落とすというコンセプトのおやつ(歯磨き専用ガム)です。VOHCというアメリカのオーラルケア製品の効果を審査する機関から効果を認められている日本で唯一の猫用歯磨き専用おやつです。キブル(粒)製法の工夫により噛むことによる歯磨き効果と歯石蓄積のコントロールを助ける効果が認められています。猫用グリニーズの製品ラインナップは下記の通りです。

  1. グリニーズ フィッシュ味&ツナ味
  2. グリニーズ チキン味&サーモン味
  3. グリニーズ グリルチキン・西洋マタタビ風味
  4. グリニーズ グリルフィッシュ味
  5. グリニーズ 香味サーモン味
  6. グリニーズ ローストチキン味

全てのグリニーズの主原料は、チキンなので動物性タンパク質が中心となっています。カロリーは100gで350Kcalあるので、メインのドライフードの量を調節して与えてあげないと肥満の原因に直結してしまいます。総合栄養食の基準を満たしているので、1日3回、1回あたり6粒を目安に与えると歯磨き効果を実感できると公式サイトで紹介されています。噛むことで歯垢が落ちるので推奨できます。大手ペットフードメーカーのマースジャパンが販売を行っている点も推奨ポイントのひとつです。

プリスクリプションダイエットt/d

療法食として知名度が高いヒルズ社のプリスクリプション・ダイエットシリーズのt/dは、歯と歯ぐきのケアを目的としたキャットフードです。特殊な粒を噛むことで歯垢・歯石の蓄積を低減することが科学的に証明されているドライフードです。こちらのドライフードもVOHCから認可を受けている製品です。おやつではありませんが、検討の余地ありです!

まとめ

いかがだったでしょうか。猫の歯磨きにおすすめの厳選おやつを紹介しました。可能であれば毎日愛猫に歯磨きしてあげて歯周病を未然に防ぐことが重要と言えます。歯磨きおやつで歯垢が溜まるのを防ぎつつ、ブラッシングしてあげられるようにしましょう!

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事