猫におすすめの安全性が高いフードを紹介していきます。当サイトでは100種類以上のキャットフードの原材料や栄養成分を独自調査して、一定の基準を元に独自評価しています。飼い主さんのの口コミ評判などは重視せずにあくまで使用している原材料などから一定の基準で評価しています。そこで今回は、猫がいつまでも健康に暮らすことができるように安全性という切り口でおすすめフードを紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください!

猫に安全なキャットフードの定義

猫に安全なキャットフードの定義は下記の通りです。猫の健康を脅かすという視点で考えています。

  1. 猫の体に害を与える可能性がある合成添加物(人工調味料、着色料、保存料)が不使用
  2. 動物性タンパク質が中心で完全無添加フード
  3. 酸化防止の工夫がされていて最後まで美味しく愛猫に与えることができる

飼い主さんによって安全性が異なります。ある人は原材料の原産地が全て公開された国産キャットフードが安全という評価、ある人は穀物完全不使用の無添加オーガニックフードが安全という評価をします。人それぞれ安全性の基準は異なります。参考情報の一つとして活用してください!

 安全性も追求しつつコストパフォーマンス抜群のキャットフードを選ぶことを推奨します。

猫におすすめの安全なフード

今回紹介する猫におすすめの安全なフードは、全てカリカリタイプのドライフードをピックアップしています。ウェットフードだと総合栄養食として与えるのが難しい製品も多く存在します。さらに手作り食の場合は、忙しい飼い主さんだと毎日用意するのが大変な上にカロリーコントロールがとても難しいというデメリットがあります。保存性とカロリーコントロールに強みを持つドライフードをチェックしていきましょう!

モグニャンキャットフード

モグニャンキャットフードを食べる猫
アレルギーが起きづらい白身魚が63%配合された穀物フリー(グレインフリー)のキャットフードです。編集スタッフの愛猫のさくも毎日美味しく食べています。完全無添加で新鮮な動物性食材中心に配合されているので、袋を開けた瞬間に強い魚の香りが広がる厳選フードです。袋の口にジッパーがついているので酸化防止の工夫もされています。公式サイトでもっとも詳しくキャットフード情報をチェックしてみてください!

シンプリーキャットフード

シンプリーキャットフードを食べる猫
シンプリーキャットフードは、サーモンとサツマイモ中心の穀物を使用していないグレインフリーキャットフードです。無添加キャットフードで新鮮な動物性食材を使用している点が大きなポイントです。魚介類中心のキャットフードなのでナトリウム(塩分濃度)がやや高くなっています。とはいえ、シンプリーキャットフードに配合している量のナトリウムは全く問題なく安全に食べることができます。肉類にアレルギーがある猫ちゃんにも推奨できます。まずは、公式サイトをチェックしましょう!

カナガンキャットフード

カナガンキャットフードを食べる猫
クランベリーも配合されている新鮮な生肉チキンが主原料となった完全無添加のキャットフードです。チキンが主原料の70%を占める最上級プレミアムキャットフードです。人間が食べるようなヒューマングレードの丸ごとチキンが配合された缶詰のウェットフードも人気があります。まずは、公式サイトをチェックしましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。100種類以上のキャットフードを理解している筆者だからこそ実現できた安全性が高いキャットフードです。安全性の基準は人それぞれ異なりますが、もし筆者の安全基準に照らし合わせたキャットフードが参考になったようでしたら幸いです。

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事