おすすめの猫用水飲みグッズをまとめて紹介していきます。自動給水器、餌台付属の飲み水食器、猫用フィルター給水器、猫用循環式水飲み器、など多種多様な水飲みグッズが販売されています。そこで今回は、我が家のさくが使用している水飲み食器を紹介すると共に猫用水飲みグッズを紹介していきます。新鮮な肉・魚の動物性食材を使用した高タンパク質なキャットフードと共に新鮮な飲み水は猫の健康維持にとって欠かせません。水分摂取量が少ないと下部尿路リスクを高めることにもつながります。一緒に勉強していきましょう。

水を飲まない猫は病気リスクが高まる

猫が喜ぶ飲み水は何?キャットフードと飲み水の関係性とはという記事で詳しく紹介しているのでここでは抜粋した情報を紹介していきます。
水分摂取量が少ない猫は結石を溶かすことができる尿の頻度が必然的に少なくなるので、尿路結石症を患いやすくなってしまいます。新鮮な動物性食材中心のキャットフードを食べていれば、おのずと尿pHが酸性に保たれるので尿を出すことで結石を溶かせるので、ストルバイト尿石リスクを低下させることができます。

  上記で紹介したように猫が健康を維持するには、毎日体重1Kgに対して50ml〜70mlの水分を摂取する必要があります。体重3Kgの猫だったら150ml〜210mlの水分を飲む必要があります。人間と同じで多少飲みすぎても心配不要ですが、水をたくさん飲みすぎると体の水分量が多くなりすぎてしまい、体に支障をきたします。猫は栄養バランスが取れた総合栄養食のキャットフードと新鮮な水だけで一生過ごすことができます。それだけ猫の飲み水は大切です。

おすすめの猫用水飲みグッズ3選

おすすめの猫用水飲みグッズを紹介していきます。猫が水を飲みやすい姿勢で飲める容器や自動給水器を購入するようにしましょう。食事を食べる時も水を飲む時も前傾姿勢の状態は推奨しません。前傾姿勢で食事をしていると頚椎ヘルニアリスクを高めることにつながってしまいます!

コチワームスの名入れできる前傾餌台

食べ始めると集中して食べます
我が家の猫ちゃんが使っている餌台はキャットフードと水を同時に飲めるようになっているので、あまり水を飲んでくれない猫ちゃんにもおすすめです。前傾姿勢にならずにご飯を食べることができます。デメリットを挙げるなら社会人の一人暮らしだと1日中、家を開けることが多いと思うのでいつでも新鮮なお水を与えることができなくなってしまいます。一人暮らしだったら自動給水器を推奨します。

フラワーファウンテンの猫用循環式水飲み器

3通りの水の流れを作ることができるので、水の流れに反応する猫ちゃんが興味を示して水をしっかり飲んでくれる工夫もされています。流れる水はフィルター付きで水中のごみを集めていつでも新鮮な水を飲み続けることができる仕組みになっています。フィルターを通すので夏場でも常に新鮮な水が飲めるのでおすすめの自動給水器です。Amazonでの口コミ評判もとても高いです。

ジェックス ピュアクリスタル 全猫用 ガーリーグリーン

抗菌活性炭入りフィルターで水道水のカルキ臭を消してくれます。1.8Lの水を入れることができるので、一人暮らしの飼い主でも常に新鮮なお水を飲ませてあげることができます。常に新鮮な水が飲めるので水を飲む回数が多くなったという飼い主の口コミ評判が多い循環式の自動給水器です。水飲み場の高さも確保できている上にかなりの格安価格となっているので、購入して試してみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか。おすすめの猫用水飲みグッズをまとめて紹介しました。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです。猫ちゃんの健康維持に飲み水はとても重要な位置を占めていますよ!

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事