メディファスキャットフードの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介していきます。メディファスキャットフードは、スーパーやホームセンター等の量販店でも販売されているキャットフードでサイエンスダイエットなどのキャットフードのように価格帯がやや高めのドライフードです。そこで今回は、メディファスキャットフードの購入を検討している方向けにメディファスキャットフードの情報を紹介していきます。

⇒⇒メディプロキャットフードについての製品情報はこちらをチェック!

メディファスキャットフードの特徴

メディファスキャットフード
メディファスキャットフードは、全ての年齢、ライフスタイル別に下部尿路の健康維持ができるキャットフードです。ヨード卵 光で知名度が高いNOSANのグループ会社のペットラインが製造販売するキャットフードです。愛情を品質にというコンセプトでより良質なキャットフードの製造に力を入れている企業です。メディファスのドライキャットフードの商品ラインナップは下記の通りです。ドライフード以外にまぐろと若鶏ささみを主原料としたウェットフード、しらす・かつお節などの魚介類を主原料としたスープパウチが販売されています。

  1. 子猫用 12ヶ月までチキン味
  2. 1歳から用フィッシュ味、チキン味
  3. 7歳から用フィッシュ味、チキン味
  4. 11歳からチキン味、15歳からチキン味
  5. 室内猫用チキン&フィッシュ味 1歳から用、7歳から用、11歳から用

上記のドライフード以外にダイエット猫ちゃん用、避妊去勢ケア用、美しい毛艶用、15歳以上の長生き猫ちゃん用のキャットフードが販売されています。子猫ほど成長に必要な高タンパク質キャットフードが必要になるので1歳以上と1歳未満で餌が分かれています。これは他社のキャットフード同様となっています。そして、高齢の猫になればなるほど食が細くなって少量で健康を維持するのに必要な栄養素が確保できるように高タンパク質で脂質も高めの総合栄養食となっています。

  麻布大学獣医学部との共同研究に基づき新規開発された下部尿路の健康維持キャットフードです。猫の病気で多いおしっこが出ない下部尿路疾患は、命に関わる重大な病気です。下部尿路疾患は、日々の生活のストレスが大きな要因と言われており、運動不足、肥満なども大きな要因です。肥満は毎日のキャットフードの食べ方や量で改善することができるのでメディファスは健康的な食事を摂取するのに効果的なキャットフードという評判が高いです。

メディファスキャットフードの販売店

メディファスキャットフードの販売店
メディファスキャットフードは、スーパーやドン・キホーテなどで販売されています。ただし、スーパーで販売している商品はとても高いです。関東に多くの店舗を展開しているLIFEでは、600gで500円近くします。ネット通販だったら1.5Kgで1,000円以下で購入可能となっています。自宅にいながらスマホで買えば送料無料で自宅に届きます。定期便購入もできるので毎月決まった時期に同じ量のメディファスキャットフードを届けることができるので、ネット通販で購入することを推奨します。Amazonや楽天だったら日本全国どこでも配送可能となっているので便利に利用できます!

メディファスキャットフードの栄養成分と安全性

メディファスキャットフードの栄養成分と安全性を紹介していきます。今回は、人気商品の1歳から下部尿路ケア用のチキン味をピックアップして栄養成分と安全性を紹介します。
まず、最初に栄養成分からです。タンパク質は平均的なキャットフードと同じ比率ですね。これが15歳以上用になると高タンパク質の33%以上となっています。ミネラルの配合比率も標準的なキャットフードが基準となっていますね。大きな特徴として愛猫と活力と元気のためにプレミアムエッグのヨード卵 光が配合されています。キャットフードで大きなプラスポイントになるわけではありませんが、ヨード卵 光が入っているのはメディファスキャットフードだからできることですね。

タンパク質 31.5%以上
脂質 12.0%以上
粗繊維 4.0%以上
灰分 8.5%以下
水分 10%以下
カルシウム 0.8%
リン 0.7%
ナトリウム 0.6%
マグネシウム 0.081%
カロリー 380Kcal/100g

安全性に関しては、大手製造メーカーのグループ会社が製造に携わっているので安心して愛猫に与えることができます。極端にタンパク質が低すぎてエネルギー効率が低いキャットフードではないので安心して猫ちゃんに食べさせることができますよ! メディファスキャットフードは成分に含まれるマグネシウムの量を少なくすると共にミネラルバランスを調整して尿pHをコントロールして猫が下部尿路にかかるリスクを低減させている点が大きな特徴となっています。

メディファスキャットフードの原材料

メディファスキャットフードでもっとも多い原材料は、穀類となっています。猫は完全な肉食動物なので穀物類が多いことで消化吸収にデメリットが生じてしまいます。元々消化力が低い猫ちゃんだったら餌をメディファスキャットフードに変えることでさらに悪くなるリスクもあります。ただし、キャットフードの原材料の大半が穀類になっているフードから切り替えたらプラスの効果をもたらすことは間違いありません。

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール)、肉類(ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダー)、豆類(おから)、油脂類(動物性油脂、ガンマ-リノレン酸)、魚介類(フィッシュミール:DHA・EPA源)、糖類(フラクトオリゴ糖)、卵類(ヨード卵粉末)、シャンピニオン、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、イノシトール)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

メディファスキャットフードの口コミ評判

メディファスキャットフードの口コミ評判は、Amazonを例にすると星5つ中4.3の総合評価を得ています。レビュー数が88件中55件が星5つの評価をつけています。尿管結石を治療した後の猫ちゃんの餌、膀胱炎を起こしやすい猫ちゃんの餌、尿路結石を患っている猫ちゃんの餌に利用している飼い主さんが多いです。尿路結石を手術する時に獣医に処方されるキャットフードが1Kgから2Kgで4,000円から5,000円を超える高額キャットフードなので、代替商品としてメディファスキャットフードを利用している方が多いです。上記で紹介している穀類が多いキャットフードですが、年齢別に必要な栄養をしっかり摂取できるドライフードなので評価はとても良いです。ヨード卵 光のグループ会社という安心感も口コミ評判を良くしている要因のひとつと言えます。

まとめ

いかがだったでしょうか。メディファスキャットフードの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介しました。ここで紹介したキャットフードの情報を参考にしてみてください!

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事