銀のスプーンと言えばキャットフードコーナーがあるスーパー、ホームセンター、ドン・キホーテなどで必ず販売されていると言っても過言ではないキャットフードです。筆者も銀のスプーンが販売されていない店舗は見たことがありません。今回は、多くの飼い主が愛猫に食べさせたことがある銀のスプーンの栄養バランスと安全性の口コミ評判について紹介していきます。三才ブックスが出版している三才ムックVol778では、銀のスプーン評価が酷評と言っても良いぐらい批判されています。果たして真相はいかに。

⇒⇒銀のスプーン三ツ星グルメの製品情報はこちらをチェック!

銀のスプーンの特徴

銀のスプーン
銀のスプーンは、国内第二位の大手ペットフードメーカーであるユニ・チャームペットが製造販売するキャットフードです。品質で「ずっと健康」を。というコンセプトで販売されています。冒頭でも紹介した通り、キャットフードとしての知名度がとても高く猫を飼っていない人もスーパーなどで見かけたことがあるので知っている人も多いぐらいです。筆者の知人の男性も猫アレルギーで猫が苦手なのですが、銀のスプーンは知っていました(笑) 大手企業で知名度が高いキャットフードで銀のスプーン三ツ星グルメシリーズも販売されています。銀のスプーンブランドのキャットフードは下記の通りです。

  • 贅沢うまみ仕立て 子猫用
  • 贅沢うまみ仕立てお魚づくし 成猫用
  • 贅沢うまみ仕立てお魚・お肉・野菜入り 成猫用
  • 贅沢うまみ仕立て腎臓の健康維持用 10歳が近づく頃から、13歳が近づく頃から、15歳が近づく頃から、20歳を過ぎてもすこやかに
  • 贅沢うまみ仕立て 毛玉ケア
  • 贅沢うまみ仕立て 下部尿路の健康維持用
  • 贅沢うまみ仕立て 食事の吐き戻し軽減フード
  • 贅沢うまみ仕立て 下部尿路の健康維持用

贅沢うまみ仕立てのお魚づくしがもっとも人気があるキャットフードです。ウェットフードタイプの猫缶ラインナップも人気がありますよね。フードトッピングに使っている飼い主さんもいるのではないでしょうか。

銀のスプーン三ツ星グルメ

銀のスプーン三ツ星グルメ
銀のスプーン三ツ星グルメも全年齢用のキャットフード、年齢別の腎臓ケアキャットフード、子猫用、下部尿路ケア、毛玉ケアが販売されています。今回は、銀のスプーンの定番商品である贅沢うまみ仕立てのお魚づくしについて紹介していきます。

銀のスプーンの販売店

銀のスプーンの主な販売店は先述した通り、スーパーやホームセンター、バラエティショップです。ユニ・チャームペットの公式サイトでは商品説明の紹介のみで購入することができません。大手総合通販サイトのAmazonや楽天市場で購入可能となっています。ドン・キホーテを例にすると、時期によって異なりますが、900g 600円で販売されています。Amazonだったら1.6Kgが972円で購入できます。ネット通販で購入した方が少し安く買える上に自宅まで届けてもらえるのでWeb購入が非常におすすめです。

銀のスプーンの栄養成分

銀のスプーンは魚のうまみ3倍を実現した猫が大好きな美味しさに加えて、毎日の食事に必要な栄養バランスも重視しています。今回紹介しているお魚づくしの銀のスプーンの栄養成分は下記の通りです。一般的な総合栄養食の基準と変わりがありませんね。

タンパク質 30%以上
脂肪 16%以上
粗繊維 3%以下
粗灰分 7%以下
水分 10%以下
カロリー 400Kcal/100g

銀のスプーンの原材料

銀のスプーンの原材料は下記の通りです。ピュリナワンカナガンキャットフードモグニャンキャットフードの原材料と比較すると一目瞭然ですが、メインで使用されている原材料が穀類となっています。動物性食材が中心になっているのが猫の理想のキャットフードなのであまり推奨はできないですね。また、魚介類や肉類もミールが多いのでタンパク質の吸収効率が高くないことがうかがえます。酸化防止剤は問題ないですが、猫のキャットフードに不要な着色料が使用されている点は褒められたものではありません。猫は視力が良くないので着色料は完全に飼い主受けを目的としています。人口着色料を使用しているので100%の安全性を確保することはできないキャットフードです。少なからず猫の健康を脅かすリスクが存在するキャットフードです。

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、等)、魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、鰹節、マグロミール、カツオミール、煮干、白身魚ミール、乾燥シラス、等)、動物性油脂、肉類(チキンミール、ビーフミール、等)、酵母エキス、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、亜鉛)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)、着色料(赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号)

銀のスプーンの口コミ評判

銀のスプーンの口コミ評判は下記の通りです。

  • Amazonで買うとスーパーよりも安い。粒が小さめで着色も自然に近いと思う。ロイヤルカナンのプレミアムフードは嗜好性に劣る
  • 安く買えるので助かります。ドライフードの半分以上は銀のスプーンを食べさせている
  • 10人ほどの大家族でホームセンターよりもネットのが安く買える味や機能が選べるので良い

上記のような口コミ評判が多いです。ネット通販のほうがスーパーよりも価格が安いという評判が多く感じます。コスパが良い割に食いつきが良いという評判が多いです。原材料を見ると素材に神経質な人は避ける傾向にある素材を使用しているのが分かります。獣医師さんや猫フードの専門家からすると推奨できないキャットフードに分類する方が多いです。栄養成分や原材料の品質を追求することをおすすめしますが、猫ちゃんが美味しく食べているなら良いと判断もあります。

  猫は生後6ヶ月以内に食べた餌を一生餌として認識します。この時期に銀のスプーンを食べさせる飼い主が多いので、多くの猫が大好きなキャットフードのひとつになっている可能性もあります。栄養バランスや原材料にこだわりたいなら当サイトで推奨しているランクが高い自然派素材を使用した健康維持に役立つキャットフードを選ぶと良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。銀のスプーンの栄養成分と安全性の口コミ評判を紹介しました。原材料の穀類の比率と人工着色料が気になる結果となりました。猫は完全肉食動物なので、穀類はなくても生きていけると言われています。また、健康維持するには肉や魚の新鮮な動物性食材が主原料になっているキャットフードが良いと言えます。総合的に評価してキャットフードを選びましょう。猫ちゃんの餌を選べるのは飼い主であるあなただけです。正しいキャットフードの知識を身につけましょう!

愛猫の健康を考えた本当に良いキャットフード

原材料、栄養バランス、値段の比較項目を中心に総合的にキャットフード113種類を比較した上でおすすめランキングとして紹介しています。病気やアレルギーに悩む飼い主さんにも推奨できるキャットフードを厳選して紹介しています!

おすすめの記事